新たな発見に目覚める 今すぐ行きたい美術館・博物館特集 | 【公式】愛知県の観光サイトAichi Now

新たな発見に目覚める 今すぐ行きたい美術館・博物館特集

新たな発見に目覚める 今すぐ行きたい美術館・博物館特集

美術館や博物館は、絵や資料をただ見るだけ…と思っていませんか。最近の展覧会は、ユニークな展示が多く、どう展示して何を見てほしいか、という学芸員さんの思いが伝わってくるものばかり。実際に見てみると作品が語り掛けてくるように見えるから不思議です。ぜひあなたも、美術館や博物館に出かけて、好奇心の泉を満たしてみませんか。


++INDEX++
名古屋市
尾張地区
知多地区
西三河地区

愛知県美術館【名古屋市】

開館30周年記念 ミロ展──⽇本を夢みて
2022年4月29日(金・祝)~7月3日(日)

  • 愛知県美術館
ジュアン・ミロ《ゴシック聖堂でオルガン演奏を聞いている踊り⼦》1945年 油彩、キャンバス 福岡市美術館
©Successió Miró/ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2022 E4304

バルセロナに生まれた芸術家ジュアン・ミロ(1893-1983)は、ピカソやダリと並ぶ現代スペインを代表する巨匠として、日本でも永く愛されてきました。しかし、絵画や彫刻、版画、タペストリー、そしてやきものにまで及ぶその旺盛な創作活動の裏に、日本文化への深い造詣があったことはあまり知られていません。本展では、浮世絵や俳句を通じた日本への憧れが感じられる初期の代表作から、民芸や書、やきものを通じて触れた日本特有の質感を反映した戦後の大作まで、ミロの 90 年の歩みを辿ります。


[観覧料]
一般1,800円(1,600円)/高校・大学生1,200円(1,000円)/中学生以下無料
※( )内は前売券及び20名以上の団体料金。
※ 上記料金で同時開催のコレクション展もご覧いただけます。

  • ジュアン・ミロ《ゴシック聖堂でオルガン演奏を聞いている踊り⼦》1945年 油彩、キャンバス 福岡市美術館
    ©Successió Miró/ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2022 E4304

近くのおすすめスポット

【名古屋市】名古屋市市政資料館(旧名古屋高等裁判所)
--目的も建造物そのものも、確かな歴史の守り手--
「文化のみち」の起点に位置する名古屋市市政資料館。もともとは大正11年(1922)に名古屋控訴院および地方裁判所、区裁判所として建設されました。名古屋高等・地方裁判所が中区三の丸一丁目に移転する昭和54年(1979)まで中部の司法の担い手となり、その後公文書館として使用されています。歴史資料として重要な公文書等を保存するための施設が公文書館。その存在が歴史の守り手であることに加え、建造物としても歴史的文化価値が高く評価されています。

名古屋市美術館【名古屋市】

企画展「布の庭にあそぶ 庄司達」
2022年4月29日(金・祝)~6月26日(日)

  • 名古屋市美術館
《白い布による空間ʼ68-6》 1968 年
綿布・糸・塗装金属フレーム 216.0×202.0×202.0 ㎝ 名古屋市美術館蔵

布による空間造形で知られる庄司達の個展。デビュー作である〈白い布による空間〉7点のほか、〈Navigation〉、〈Cloth Behind〉の各シリーズを一堂に展示。中でも〈Navigation〉シリーズ3種(アーチ/フライト/レベル)がすべてそろうのは本展が初めて。


[観覧料]
一般1,200円(1,000円)/高大生800円(600円)/中学生以下無料
※ ( )内は前売または、20名以上の団体料金

  • 《白い布による空間ʼ68-6》 1968 年
    綿布・糸・塗装金属フレーム 216.0×202.0×202.0 ㎝ 名古屋市美術館蔵

近くのおすすめスポット

【名古屋市】名古屋市科学館
--科学者や天文学者が生まれるかも!?楽しさあふれる総合科学館--
名古屋市科学館は、名古屋市の中心部・白川公園内に位置する総合科学館。「みて、ふれて、たしかめて」をテーマに、科学を楽しく学ぶことができます。

名古屋市博物館【名古屋市】

特別展「もしも猫展」
2022年7月2日(土)~ 8月21日(日)

  • 特別展「もしも猫展」

本展では猫の擬人化作品と、それらを描いた歌川国芳を主軸に据えながら、江戸時代の擬人化表現の面白さに着目します。そのなかで、なぜ国芳の作品にかくも惹きつけられるのか、その魅力のありかを探っていきます。


[観覧料]
一般1,600円(1,400円)/高大生1,000円(800円)/小中生500円(300円)
※ ( )内は前売り及び20名以上の団体料金
※ 本展の前売券は7月1日(金)まで販売します。会期中は当日料金にて販売します

近くのおすすめスポット

【名古屋市】東山荘
--名古屋の茶人に珍重されている山荘の茶室--
東山荘(とうざんそう)は綿布商伊東信一氏(故人)が山崎川沿いの所有地に、茶道の好みを生かして作った邸宅。東山荘の名は、伊東氏の山荘の意味であり、氏の命名によるものです。

東山荘

徳川美術館【名古屋市】

特別展「名刀正宗と相模伝」
2022年5月28日(土)~7月18日(月・祝)

  • 徳川美術館

相模国(現在の神奈川県)の刀工・正宗が手がけた刀剣は、室町時代以降の武家社会では、贈答に欠かせない品として高く評価されていました。刀剣の受容の歴史を紐解きながら、尾張徳川家に伝えられた正宗と相模伝の名刀を一堂に展示します。


[料金]
一般1,400円/高大生700円/小中学生500円
※ 65歳以上の方は200円割引(要証明書提示)
※ 毎週土曜日は小・中・高生入館無料
[同時開催]
>> 企画展「大名の冠・婚・葬・祭」

近くのおすすめスポット

【名古屋市】名古屋市蓬左文庫
--徳川家に伝えられた蔵書がぎっしり--
蓬左とは、江戸時代に使用されていた名古屋の別称のこと。大正初年(1912)に尾張徳川家の蔵書を「蓬左文庫」と命名しました。この名を冠した名古屋市蓬左文庫は尾張徳川家の公開文庫で、尾張徳川家所蔵の旧蔵書を中心に和漢の優れた古典籍を所蔵しています。

名古屋市蓬左文庫

古川美術館【名古屋市】

企画展「さあ 旅へ出よう!~楽しく絵画旅行」
2022年4月23日(土)~6月19日(日)

  • 古川美術館

春の山、夏の海、秋の景、冬の古都。眼を驚かすような絶景、風光明媚な景色、観光名所やランドマーク。憧れの海外へも足を延ばして異国情緒も堪能しながら、新型コロナウイルス感染症拡大のため、国内外への旅行が自由にできなかった失われた時を、画家たちの眼で描かれた風景を巡って取り戻しながら楽しみます。


[観覧料]
古川美術館、分館爲三郎記念館2館共通入館券
一般1,000円、高大生500円、中学生以下無料

近くのおすすめスポット

【名古屋市】日泰寺(覚王山)
--日本とタイの友好を願って--
いずれの宗派にも属さない日本の全仏教徒のための寺院である日泰寺。いわゆる超宗派と呼ばれる日本で唯一の寺院です。創建は明治37年(1904)。釈尊(お釈迦さま)のご真骨をシャム国(現在のタイ)より拝受し、仏教各宗代表が協議し奉安するために建立されたました。

ヤマザキマザック美術館【名古屋市】

特別展「新野洋×西澤伊智朗 自然を創る」
2022年4月22日(金)~8月28日(日)

  • ヤマザキマザック美術館
新野洋《進化のパズル(2019.8.28,Niigata.Japan)》2019年

1979年生まれの新野洋と1959年生まれの西澤伊智朗の二人展。みずみずしく透明感あふれる新野のアクリル樹脂の素材感と、荒々しくも素朴な西澤の陶土。20歳差のふたりが創り出すそれぞれの自然のかたちをお楽しみください。


[入館料]
一般 1,300円(1,100円)/小中高生 500円/小学生未満無料
※( )内は10名以上の団体料金

  • 新野洋《進化のパズル(2019.8.28,Niigata.Japan)》2019年

近くのおすすめスポット

【名古屋市】文化のみち二葉館
--大正ロマンにうっとり「文化のみち二葉館」--
撞木町にてひときわ目を惹くオレンジ色の洋風屋根を持つ、大正ロマンの香り高い館があります。これは平成17年(2005)に移築復元された「二葉館」です。ステンドグラスが影を落とす大広間、伝統的な和室ーーこの邸宅では「日本初の女優」と謳われた川上貞奴と「日本の電力王」と言われた福沢桃介が、大正から昭和にかけて暮らしていました。

文化のみち二葉館

ノリタケの森(ノリタケミュージアム)【名古屋市】

常設展
1904年日本陶器創立以降、工業製品として作られた食器を中心に展示

  • ノリタケの森
  • ノリタケの森
  • ノリタケの森

ノリタケはこれまでに様々なデザインや素材開発を行ない多くのディナー皿を製造、世界の食卓を彩ってきました。工業製品として作られた食器には、当時の時代背景や市場のニーズが反映されています。ディナー皿とともにその時代に起きた歴史的、社会的出来事もキャプションで紹介しています。また、様々な碗皿を展示したコーナーや、テーブルセッテングなど、ノリタケ食器のデザインを愉しむことができます。
併設のクラフトセンターでは、ボーンチャイナの製造工程の見学やお皿やマグカップなどに絵付けを体験可能です。


[入館料] 
一般500円/ 65歳以上300円/ 高校生以下無料
※ 団体割引あり

愛知県陶磁美術館【瀬戸市】

企画展「酒のうつわ  ―その美、こだわり…」
2022年4月9日(土)~7月3日(日)

  • 愛知県陶磁美術館

現在に至るまで人々は好みの酒器を使い、愛で、もてなし、遊び心を持ち、様々な思いを込めて酒のうつわを楽しんできました。そこには日本人の豊かな感性が生み出した面白き「うつわ使い」の世界を垣間見ることができます。日本のやきものの酒器の美しさと豊かさを感じてください。


[観覧料]
一般600円(480円)/高大生500円(400円)/中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※ 上記観覧料で常設展も併せてご観覧いただけます

近くのおすすめスポット

【長久手市】愛・地球博記念公園
--ココしかないリニモに乗って、万博公園へお出かけ--
愛・地球博記念公園(モリコロパーク)は、2005年に開催された愛知万博(愛・地球博)長久手会場の跡地に開設された公園です。園内はとても広々としていて、芝生広場や水遊び場、全長5.1kmのサイクリングコース、自然体感遊具といった施設のほか、大人も子どもも楽しめるスポットが盛りだくさん。日本初の磁気浮上式鉄道(リニモ)に乗ってお出かけはいかが。

トヨタ博物館

メナード美術館【小牧市】

所蔵企画展「版画&版画 12人の表現者たち」
2022年4月19日(火)~6月26日(日)

  • メナード美術館
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《マルセル・ランデール嬢》 1895年 リトグラフ、紙 メナード美術館蔵

近現代の芸術家たちがその魅力にひかれ、刺激を受けた版画。本展では、メナード美術館のコレクションから選んだ12人の作家たちによる版画作品の数々をお楽しみいただきます。


[観覧料]
一般900円(700円)、高大生600円(500円)、小中生300円(250円)
※( )内は20名以上の団体料金および前売料金。ただし現在は団体受付を休止しています。

  • アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《マルセル・ランデール嬢》 1895年 リトグラフ、紙 メナード美術館蔵

近くのおすすめスポット

【小牧市】小牧城(小牧山城)
--小牧城(小牧山城)--
市街地の西に位置する標高85.9mの小牧山は、小牧・長久手の戦いなど歴史色の濃い城山の森。春はソメイヨシノ、カンザン、シダレザクラ、ウコンなど約10種1200本の桜が咲き、「小牧山さくらまつり」が開催されます。2日と3日には、小牧市観光協会による特産品などの販売や、児童写生大会などのイベントが催されるほか、小牧城(小牧市歴史館)の夜間特別開館が行われます。

小牧城(小牧山城)

トヨタ博物館【長久手市】

企画展「Here’s a Small World! 小さなクルマの、大きな言い分」
2022年4月29日(金)~7月18日(月)

  • トヨタ博物館

本展は、国産車を中心に1950年代から現代までの個性豊かな小型車15台と、約60台のミニチュアカーで、小さなクルマたちの大きな存在意義を紹介しています。展示会場では歴史をふまえ、昭和の軽自動車から令和の電気自動車まで、小型車がモビリティの発展に果たしてきた大きな意義と魅力を訴求していきます。


[入館料]
大人1,200円/シルバー(65歳以上)700円/中高生600円/小学生400円

INAXライブミュージアム【常滑市】

タイル名称統一100周年記念 巡回企画展「日本のタイル100年 ―― 美と用のあゆみ」
2022年4月9日(土)~8月30日(火)

本展では、名称統一以前までに醸成されてきたタイル文化の変遷を振り返りながら、台所、トイレや洗面所、銭湯・温泉、ビルや大学、地下鉄の駅、たばこ屋など、さまざまな場で多種多彩に使われてきた日本のタイル100年のあゆみを時代背景とともに紹介します。


[共通入館料]
一般700円/高大生500円/小中生250円
70歳以上600円/障がい者無料

岡崎市美術博物館【岡崎市】

展覧会「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック―アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美」
2022年6月4日(土)~8月28日(日)

  • 岡崎市美術博物館
中型常夜灯《キューピッド》1920年
北澤美術館所蔵、撮影:清水哲郎

本展では、世界屈指のガラスコレクションを誇る北澤美術館(長野県諏訪市)の豊富なコレクションの中からルネ・ラリックの作品を選りすぐり、ガラス工芸家としての全容をご紹介。華やかで洗練されたフランス 20 世紀初頭のモダンな様式美をラリックによるガラス作品を通してご覧ください。


[観覧料]
一般 1,200円(1,100円)/小中学生600円(550円)
※( )内は20名以上の団体料金
※ 中学生以下の方は証明書をご提示いただく場合があります
※ 各種障がい者手帳の交付を受けている方及びその介助者1名は無料

  • 中型常夜灯《キューピッド》1920年
    北澤美術館所蔵、撮影:清水哲郎

おかざき世界子ども美術博物館【岡崎市】

「駒形克己 え!ほん展」
2022年4月23日(土)~6月26日(日)

  • おかざき世界子ども美術博物館

造本作家/デザイナー・駒形克己の絵本の世界を立体的に再現するユニークな展覧会です。絵本の世界に入り込んだような空間で、すてきな驚きと発見がみなさんをお待ちしています。


[観覧料]
大人600円(480円)/小中学生100円(80円)
※( )は20人以上の団体料金
※ 各種障がい者手帳所持者とその付添者は無料 (各種手帳を提示)

安城市歴史博物館【安城市】

安城市制施行70周年記念企画展「安城太郎 満70歳 -安城市のあゆみ- 」
2022年4月9日(土)~6月26日(日)

  • 安城市歴史博物館

今回の展示では、安城市を擬人化した「安城太郎」の眼を通して、市民の生活、環境、景観などの移り変わりをあらわす新聞やポスター、古写真、生活道具などの資料から、安城70年の足跡を紹介します。


[観覧料]
無料

おすすめイベント

【安城市】安城市民ギャラリー
--企画展「成田満喜子展 人、色、模様」 2022年6月25日(土)~7月9日(土)--
今回の企画展は、本市を中心に活躍し、令和2年に逝去された成田満喜子の色彩豊かな日本画を展示します。
[観覧料] 無料

安城市民ギャラリー

刈谷市美術館【刈谷市】

コレクション展「絵画を愉しむ 抽象!?」
2022年6月18日(土)~7月24日(日)

  • 刈谷市美術館
浅野弥衛《無題》1989年

何が描かれているの?抽象的な作品は難しいと思われがちですが、見る人それぞれの思考を刺激する不思議な魅力があります。リズミカルな点や線、画面いっぱいのヘンテコな形、ザラザラ・デコボコした作品など、絵画の様々な要素を紐解きながら紹介します。


[観覧料]
無料

  • 浅野弥衛《無題》1989年

近くのおすすめスポット

【刈谷市】夢と学びの科学体験館
--最新型プラネタリウムやサイエンスショーなど魅力がいっぱい 夢と学びの科学体験館--
平成27年5月2日 「夢と学びの科学体験館」として リニューアルオープンしました。
毎週土日と祝日には、子どもから大人まで見て・楽しんで・参加できるサイエンスショー、科学に対する興味と想像力を育むさまざまな実験や、走査電子顕微鏡の操作なども体験可能な3つのラボ、最新型ハイブリッドプラネタリウムによる刈谷市オリジナル番組の投映などが楽しめます。

夢と学びの科学体験館

豊田市美術館【豊田市】

「交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー」
2022年6月7日(火)~9月4日(日)

  • 豊田市美術館

1910年代から30年代は、西欧を中心に日本を含む各地で、様々な「モダン」の形が現われた時代でした。1914年に勃発した人類史上初の世界大戦が象徴するように、この時代の最大の出来事は世界が一気に同期したということでした。その急速に変化する社会のなかで、作家たちがときに交わり、ポリフォニーのように共鳴しながら探求したいくつもの「モダン」の形を紹介します。


[観覧料]
一般1,400円(1,200円)/高校・大学生900円(700円)/中学生以下無料
※ ( )内は前売り及び20名以上の団体料金
※ 障がい者手帳をお持ちの方《介添者1名》、豊田市内在住又は在学の高校生、及び豊田市内在住の75 歳以上は無料《要証明》

近くのおすすめスポット

【豊田市】トヨタ会館
--世界のトヨタが見据える21世紀のビジョン--
トヨタ自動車が目指すクルマを通した豊かな社会と最新のクルマづくりを展示物や映像で紹介する企業博物館。
ハイブリッドカーの進化をはじめ、水素ガスで走る燃料電池車など、究極のエコカー開発への多面的な取組みや、トヨタ生産方式による高品質なクルマづくりについて知ることができます。

トヨタ会館

豊田市民芸館【豊田市】

企画展「雑誌『工藝』の美」
2022年6月7日(火)~8月28日(日)

  • 豊田市民芸館
『工藝』(右上から時計回りに第 65号、第 81 号、第58 号、第 1 号、第118号、第100号)

本展では、雑誌『工藝』全120冊を一挙に公開するとともに、豊田市民芸館が所蔵する民藝作家の作品を併せて展示します。編集刊行の中心となった思想家の柳宗悦らが民藝の「美の基準」を具体的に提示するために世に送り出した雑誌『工藝』。この出版活動の総体をご覧ください。


[観覧料]
無料

  • 『工藝』(右上から時計回りに第 65号、第 81 号、第58 号、第 1 号、第118号、第100号)

近くのおすすめスポット

【豊田市】ストロベリーパークみふね
いちごが美味しいのはもちろんですが、それ以上にお客様に楽しいでいただけるくつろぎの空間をご用意しました。高設ゆりかご栽培・全面床コンクリ-ト張りでバリアフリー。車いすやベビーカーの方でもお気軽に楽しんでいただけるいちご狩り農園です。いちごは摘み取っていただき共用スペースで可愛い家具でくつろぎながら食べていただく新しいスタイルのいちご狩りです。

ストロベリーパークみふね

西尾市岩瀬文庫【西尾市】

特別展「三河大浜騒動150年~近代化の光と影~」
2022年5月14日(土)~8月31日(水)

  • 西尾市岩瀬文庫

明治4(1871)年、この三河の地で「大浜騒動」と呼ばれる事件が起きました。急進的な近代化・中央集権化の国策と、人々の信仰や暮らしとの乖離から生じた騒動は、人ひとりが命を落とす事件へと発展し、騒動を主導したとみなされた僧侶たちの投獄・処刑に至りました。150年の歳月が流れ、人々の記憶から風化しつつある「大浜騒動」。「大浜騒動」とは何であったのか、節目を迎える今、再び辿ります。


[観覧料]無料
※ 6月26日(火)~7月1日(金)は展示入れ替えのため観覧できません。

近くのおすすめスポット

【西尾市】抹茶ミュージアム「西条園和く和く」
--抹茶の魅力を発見!--
五感を通して楽しむ抹茶ミュージアム。
わくわくする抹茶体験や製造工程の見学を通して、抹茶の新しい魅力に触れられる体験型博物館です。

抹茶ミュージアム「西条園和く和く」

高浜市やきものの里
かわら美術館【高浜市】

企画展「ダ・ヴィンチ没後500年『夢の実現』」
2022年4月16日(土)~7月10日(日)

  • 高浜市やきものの里 かわら美術館

レオナルド研究で知られる東京造形大学 池上英洋教授らの指導のもと、学生や卒業生約100名が参加した復元プロジェクトより、復元作品約30点を展示。万能人と称されたレオナルド・ダ・ヴィンチのものづくりへのあくなき探究心をご紹介します。


[観覧料]
高校生以上800円(640円)/中学生以下無料
※ ( )内は前売り、20名以上の団体料金、または高浜市内居住者
※ その他各種割引あり

近くのおすすめスポット

【高浜市】鬼みち
--飾り瓦や鬼瓦を見ながら高浜の魅力にふれる約5㎞の道のり--
飾り瓦や鬼瓦を見て歩きながら、やきものの里・高浜の文化にふれる散策コース「鬼みち」。「新日本歩く道紀行100選、ふるさとの道」「美しい日本の歩きたくなるみち500選」にも選ばれています。

鬼みち

オススメの特集

  • 愛知のメロン狩り・蒲郡・田原・伊良湖

    東三河

    メロン狩り特集

  • NHK大河ドラマ女城主井伊直虎ゆかりの地特集

    奥三河 他

    おんな城主・井伊直虎ゆか…

  • バラ特集

    名古屋 他

    バラ特集

  • 和菓子&スイーツ特集

    和菓子&スイーツ特集

  • 美味しさも進化中!豊田のジビエ

    豊田で味わう自然の恵み・…

  • 産業観光(歴史、文化)

    名古屋 他

    体験いっぱい産業観光(歴…

  • 愛知県豊田市と奥三河の星空観測特集!

    奥三河

    愛知の星空観測特集

  • 瀬戸市特集

    尾張北部

    せともののふるさと瀬戸市…

  • GWは愛知の離島へGO!

    愛知の離島へGO!<日間…

  • 愛知の大仏

    名古屋 他

    愛知の大仏

  • 花しょうぶ祭り・名所特集

    名古屋 他

    花しょうぶ&かきつばた祭…

  • 感染予防をしながらあいち観光を楽しもう!特集

    名古屋 他

    感染予防をしながらあいち…