愛知・名古屋・新たな発見に目覚める 今すぐ行きたい美術館・博物館特集!その他地区(瀬戸市、豊田市、高浜市、刈谷市、豊橋市、碧南市) | 【公式】愛知・名古屋の公式観光ガイド AICHI NOW~旬のイベント・観光情報~

新たな発見に目覚める 今すぐ行きたい美術館・博物館特集

新たな発見に目覚める 今すぐ行きたい美術館・博物館特集

美術館や博物館は、絵や資料をただ見るだけ…と思っていませんか。最近の展覧会は、ユニークな展示が多く、どう展示して何を見てほしいか、という学芸員さんの思いが伝わってくるものばかり。実際に見てみると作品が語り掛けてくるように見えるから不思議です。ぜひあなたも、美術館や博物館に出かけて、好奇心の泉を満たしてみませんか。

愛知県陶磁美術館【瀬戸市】

企画展 愛知県美術館所蔵 木村定三コレクションの
「文人趣味と煎茶 -こだわりの遊び-」
2020年1月11日(土)~3月22日(日)

  • 愛知県陶磁美術館

あの“熊谷守一を見いだした男”、木村定三氏によるこだわりのコレクションの中から、文人趣味と煎茶をテーマに、書画、文房具、煎茶に関わる陶磁器や漆器、金属器などの多種多様な作品137件を紹介します。


[常設展およびテーマ展]
一般400円(320円)、高校生・大学生300円(240円)、中学生以下無料
[企画展 及び 特別企画展]
一般600円(480円)、高校生・大学生500円(400円)、中学生以下無料

近くのおすすめスポット

【長久手市】トヨタ博物館
--自動車の誕生から発展の歴史を実車展示で紹介--
1989年4月16日、トヨタ自動車株式会社創立50周年を記念してオープンした自動車の博物館です。本館では、自動車の誕生から発達、発展の歴史を、実車展示を主体にわかりやすく紹介しています。当時憧れた車が一堂に揃うとあってカーマニアにとって見逃せない場所となるでしょうし、車好きのお子さんにとってもワクワクの場所。新館(1999年オープン)では、日本のモータリゼーションの歴史を、生活文化との関連で捉え、車を当時の生活用品と併せて展示しています。

トヨタ博物館

名古屋市美術館【名古屋市】

特別展「没後90年記念 岸田劉生展」
2020年1月8日(水)~3月1日(日)

  • 名古屋市美術館
《麗子微笑》重要文化財
1921年10月15日 東京国立博物館
Image : TNM Image Archives

大正から昭和にかけて活躍した画家・岸田劉生(1891-1929)。展覧会では代表作《麗子微笑》(重要文化財)を含む初期から最晩年までの作品150点余を年代順に紹介し、劉生の歩んだ絵画の道をたどります。


[常設展]
一般300円、高大生200円、名古屋市内在住65歳以上100円、中学生以下無料
[没後90年記念 岸田劉生展]
一般1,400円(1,200円)、高大生900円(700円)、中学生以下無料
※ ( )内は20人以上の団体及び前売料金
※ 学生証・敬老手帳等をご提示ください。

  • 《麗子微笑》重要文化財
    1921年10月15日 東京国立博物館
    Image : TNM Image Archives

近くのおすすめスポット

【名古屋市】名古屋市科学館
--科学者や天文学者が生まれるかも!?楽しさあふれる総合科学館--
名古屋市科学館は、名古屋市の中心部・白川公園内に位置する総合科学館。「みて、ふれて、たしかめて」をテーマに、科学を楽しく学ぶことができます。

刈谷市美術館【刈谷市】

常設展第3期「1960-70年代のポスター -アングラ演劇を中心に-」
2020年1月7日(火)~2月23日(日)

  • 刈谷市美術館
横尾忠則 「劇団状況劇場/腰巻お仙」
ポスター 1966年 ©TADANORI YOKOO

当時隆盛した天井棧敷や状況劇場などアングラ演劇を中心に、舞踏、美術、漫画、音楽関連のポスター群を展示。新進気鋭のデザイナー、イラストレーター、美術家らの強烈な個性とともに、激動した時代の熱気を当館コレクションで振り返ります。


[入館料] 無料

  • 横尾忠則 「劇団状況劇場/腰巻お仙」
    ポスター 1966年 ©TADANORI YOKOO

近くのおすすめスポット

【刈谷市】夢と学びの科学体験館
--最新型プラネタリウムやサイエンスショーなど魅力がいっぱい 夢と学びの科学体験館--
平成27年5月2日 「夢と学びの科学体験館」として リニューアルオープンしました。
毎週土日と祝日には、子どもから大人まで見て・楽しんで・参加できるサイエンスショー、科学に対する興味と想像力を育むさまざまな実験や、走査電子顕微鏡の操作なども体験可能な3つのラボ、最新型ハイブリッドプラネタリウムによる刈谷市オリジナル番組の投映などが楽しめます。

夢と学びの科学体験館

古川美術館【名古屋市】

生誕130年記念展「古川爲三郎コレクション 一富士・二刀・三美人」
2020年1月2日(木)~3月1日(日)

  • 古川美術館財団設立30周年記念特別展「逸品セレクション~爲三郎の夢」後期「継ぐ~過去から未来へ」
上村松園「松園」古川美術館蔵

本展は爲三郎の生涯を振り返りつつ、彼が蒐集した美術品の中から特に好きだった作品や、逸話の残る作品など、古川美術館の所蔵品の根幹をなす“爲三郎コレクション”の中からご紹介します。
分館 爲三郎記念館では「土屋公雄展 ~ときめきの庭/記憶の部屋」を開催。
<土屋公雄展開催期間>2020年2月6日(木)~3月1日(日)


[古川美術館、分館爲三郎記念館2館入館券]
一般1,000円、高大生500円、中学生以下無料

  • 上村松園「松園」古川美術館蔵

近くのおすすめスポット

【名古屋市】日泰寺(覚王山)
--日本とタイの友好を願って--
いずれの宗派にも属さない日本の全仏教徒のための寺院である日泰寺。いわゆる超宗派と呼ばれる日本で唯一の寺院です。創建は明治37年(1904)。釈尊(お釈迦さま)のご真骨をシャム国(現在のタイ)より拝受し、仏教各宗代表が協議し奉安するために建立されたました。

愛知県美術館【名古屋市】

企画展「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
2020年1月3日(金)~3月15日(日)

  • 愛知県美術館
エドゥアール・マネ
《フォリー=ベルジェールのバー》1882年
油彩、カンヴァス 96×130cm
コートールド美術館
© Courtauld Gallery
(The Samuel Courtauld Trust)

ロンドンにあるコートールド美術館のコレクションから、印象派・ポスト印象派の作品を紹介します。日本の風景のようだと語られたファン・ゴッホによるアルルの風景《花咲く桃の木々》、19 世紀後半の近代都市パリの風俗を映すルノワールの《桟敷席》やマネの《フォリー=ベルジェールのバー》などをはじめ、選りすぐりの絵画・彫刻約60 点を展示します。


[観覧料]
一般1,600(1,400)円、高校・大学生1,300(1,100)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金

  • エドゥアール・マネ
    《フォリー=ベルジェールのバー》1882年
    油彩、カンヴァス 96×130cm
    コートールド美術館
    © Courtauld Gallery
    (The Samuel Courtauld Trust)

近くのおすすめスポット

【名古屋市】名古屋市市政資料館(旧名古屋高等裁判所)
--目的も建造物そのものも、確かな歴史の守り手--
「文化のみち」の起点に位置する名古屋市市政資料館。もともとは大正11年(1922)に名古屋控訴院および地方裁判所、区裁判所として建設されました。名古屋高等・地方裁判所が中区三の丸一丁目に移転する昭和54年(1979)まで中部の司法の担い手となり、その後公文書館として使用されています。歴史資料として重要な公文書等を保存するための施設が公文書館。その存在が歴史の守り手であることに加え、建造物としても歴史的文化価値が高く評価されています。

刈谷市歴史博物館【刈谷市】

刈谷の近代化と豊田佐吉・喜一郎 -準備は出来たカリヤは邁進します-
2019年12月14日(土)~2020年2月9日(日)

  • 刈谷市歴史博物館

江戸時代、城下町として発展した刈谷がなぜ日本有数の産業のまちとして生まれ変わったのか。それは、豊田佐吉らによる豊田紡織株式会社が刈谷に試験工場を設置したことがきっかけとなっています。
この企画展では、刈谷が産業のまちとして発展したいきさつを、豊田佐吉と喜一郎の足跡をたどりつつ御紹介します。


入場料:無料

三菱UFJ銀行貨幣資料館【名古屋市】

広重 六十余州名所図会【前期】
2019年12月3日(火)~2020年2月16日(日)

  • 三菱UFJ銀行貨幣資料館
江戸 浅草市

広重57歳の時に発行が始まり、嘉永6年(1853)から安政3年(1856)まで足かけ4年にわたって描かれました。前期は「畿内(きない)」「東海道」「東山道(とうさんどう)」「北陸道」の諸国を描いた36点をご紹介します。


入館無料

  • 江戸 浅草市

近くのおすすめスポット

【名古屋市】文化のみち二葉館 
--大正ロマンにうっとり「文化のみち二葉館」--
撞木町にてひときわ目を惹くオレンジ色の洋風屋根を持つ、大正ロマンの香り高い館があります。これは平成17年(2005)に移築復元された「二葉館」です。ステンドグラスが影を落とす大広間、伝統的な和室ーーこの邸宅では「日本初の女優」と謳われた川上貞奴と「日本の電力王」と言われた福沢桃介が、大正から昭和にかけて暮らしていました。

文化のみち二葉館

豊橋市美術博物館【豊橋市】

遺跡でブラトヨハシ
2019年11月23日(土・祝)~2020年1月26日(日)

豊橋市には縄文時代から江戸時代にかけての遺跡が約1,400か所もあり、愛知県内では最も多く遺跡があるまちとして知られています。大西貝塚、馬越長火塚古墳、吉田城址など、身近で散策できる遺跡もたくさんあります。発掘調査成果を交えながら、豊橋の歴史を解き明かす遺跡巡りを紹介します。


[閲覧料]
無料

近くのおすすめスポット

【豊橋市】吉田城(豊橋公園内)
--戦乱の最前線基地であった「吉田城」--
豊橋公園全体と隣接する市役所の敷地が旧吉田城址です。
1564年には松平時代の家康公が、今川方の吉田城代小原鎮実を攻め、吉田城を攻略し、城主に酒井忠次をおきました。
酒井忠次は吉田城を改築し、新たに堀を掘ったことが発掘調査で明らかになっています。

吉田城(豊橋公園内)

大一美術館【名古屋市】

2019年11月15日(金)~2020年5月17日(日)

  • 大一美術館

1階 ガレ・ドーム・ラリック・ルグラ「ガラスに描かれた花と風景展」
2階「Panoramic 富山ガラス造形研究所教員展 ~ガラスのある風景~」

特別企画展示 特別装飾フラワーオブジェ「Breath of paper」
 ※ 2019年11月15日(金)~2020年1月13日(月祝)終了予定


大人800円(600円)、高大生600円(400円)、小中学生400円(300円)
※ ( )内は20名以上の団体割引料金

近くのおすすめスポット

【名古屋市】名古屋市秀吉清正記念館
--この地で生まれた武将を知ろう--
名古屋市中村区が生んだ武将、豊臣秀吉と加藤清正。この2人に関する資料を収集し、展示する歴史博物館が名古屋市秀吉清正記念館です。日本の歴史を尾張という地域に集中するかたちでより詳しく学ぶことができます。

名古屋市秀吉清正記念館

徳川美術館・徳川園【名古屋市】

特別展「良寛さん その人と書」
[前期]2019年11月16日(土)~12月15日(日)
[後期]2020年1月4日(土)~1月31日(金)
※ 12月16日(月)~1月3日(金)は休館

日本有数の良寛コレクター秘蔵の遺墨を中心に、新たに加わった作品を加えて約150件を公開します。


一般1,400円、高大生700円、小中生 500円(企画展・特別公開含めた共通料金)
※ 20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
※ 65歳以上の方は200円割引(要証明書提示)
※ 毎週土曜日は小・中・高生入館無料

名古屋市蓬左文庫【名古屋市】

企画展「奏でる-楽器と調べ-」
[前期]2019年11月16日(土)~12月15日(日)
[後期]2020年1月4日(土)~1月31日(金)
※ 12月16日(月)~1月3日(金)は休館

  • 名古屋市蓬左文庫

日本の古典音楽には、さまざまな姿や音色をもつ楽器が用いられてきました。尾張徳川家に伝わる楽器や音楽にまつわる作品から、日本の古典音楽の流れを紹介します。


一般1,400円、高大生700円、小中生 500円
※ 20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
※ 65歳以上の方は200円割引(要証明書提示)
※ 毎週土曜日は小・中・高生入館無料

近くのおすすめスポット

【名古屋市】建中寺
--尾張徳川家先祖代々の菩提寺--
1650年に逝去した徳川家康公の9番目の息子である尾張藩主義直公の菩提を弔うための御寺として、第二代尾張藩主徳川光友卿により建立されました。現在も約1万坪の敷地を誇る広い境内ですが実際は5万坪の広さがあったと言われています。

建中寺

豊田市美術館【豊田市】

「岡﨑乾二郎 ― 視覚のカイソウ」
2019年11月23日(土)~2020年2月24日(月・祝)

  • 豊田市美術館

豊田市美術館では、2017年に、岡﨑乾二郎の企画監修による展覧会「抽象の力」を開催しました。その展示は、抽象芸術が本来もっていた現実的で具体的な力を明らかにし、一元的なモダニズムの美術史観を軽やかに翻すものとして、多くの刺激と新たな知見を私たちにもたらしました。その次なる試みとして、岡﨑自身の作品とその活動の全貌をご紹介する個展を開催いたします。


[常設展]
一般300円(250円)、高大生200円(150円) 、中学生以下無料
[岡﨑乾二郎 ― 視覚のカイソウ]
一般1,300円(1,100円)、高大学生900円(800円)、中学生以下無料
※ ( )内は前売り及び20名以上の団体料金
※ 障がい者手帳をお持ちの方(介添者1名)、豊田市内在住又は在学の高校生、及び豊田市内在住の75 歳以上は無料 [要証明]

近くのおすすめスポット

【豊田市】トヨタ会館
--世界のトヨタが見据える21世紀のビジョン--
トヨタ自動車が目指すクルマを通した豊かな社会と最新のクルマづくりを展示物や映像で紹介する企業博物館。
ハイブリッドカーの進化をはじめ、水素ガスで走る燃料電池車など、究極のエコカー開発への多面的な取組みや、トヨタ生産方式による高品質なクルマづくりについて知ることができます。

トヨタ会館

ヤマザキマザック美術館【名古屋市】

「フランスに生きた日本人画家 木村忠太の世界」展
2019年11月15日(金)~2020年3月8日(日)

36歳の時にフランスに渡り、光の中でうつろうフランスの情景を美しい色彩で描き続けた木村忠太(1917-1987)。未公開作品を含む58点の油彩画・デッサン・版画・陶芸作品で、木村忠太の創作世界をご紹介します。


[特別展]
一般1,200円(1,000円)、小・中・高生500円、小学生未満無料
※ 各種障害者手帳をご提示の方とその同伴者1名は1,000円

近くのおすすめスポット

【名古屋市】文化のみち二葉館
--大正ロマンにうっとり「文化のみち二葉館」--
撞木町にてひときわ目を惹くオレンジ色の洋風屋根を持つ、大正ロマンの香り高い館があります。これは平成17年(2005)に移築復元された「二葉館」です。ステンドグラスが影を落とす大広間、伝統的な和室ーーこの邸宅では「日本初の女優」と謳われた川上貞奴と「日本の電力王」と言われた福沢桃介が、大正から昭和にかけて暮らしていました。

文化のみち二葉館

オススメの特集

  • 鍋特集

    愛知の食材が一堂に!冬の…

  • 愛知の年末年始イベント特集

    名古屋 他

    愛知の年末年始イベント特集

  • 体験いっぱい産業観光(科学・エネルギー)

    名古屋

    体験いっぱい産業観光(科…

  • 御朱印特集

    御朱印特集

  • 冬こそお出かけ♪愛知の冬季限定おすすめスポット特集

    冬こそお出かけ♪愛知の冬…

  • 雨の日のおでかけ特集

    名古屋 他

    濡れずに安心! 雨の日特…

  • Instagram 投稿ランキング

    Instagram 投稿ランキング

  • 名古屋・愛知の日本庭園

    名古屋 他

    名古屋・愛知の日本庭園特集

  • 愛知の産業観光特集

    愛知の産業観光特集

  • 半田市

    【半田市】2018年度アクセ…

  • 愛知の初詣特集

    名古屋 他

    愛知の初詣特集

  • 【蒲郡市】2018年度アクセスランキング

    【蒲郡市】2018年度アクセ…