名古屋市

徳川美術館・徳川園(とくがわびじゅつかん・とくがわえん)

  • 徳川美術館・徳川園
  • 徳川美術館・徳川園
  • 徳川美術館・徳川園
  • 徳川美術館・徳川園
  • 徳川美術館・徳川園
  • 徳川美術館・徳川園
  • 徳川美術館
  • 徳川美術館
  • 徳川美術館
  • 徳川美術館

尾張徳川家の歴史に触れる・徳川美術館

開館は昭和10年(1935)。徳川家康の遺品を中心として、九男で尾張徳川家初代藩主の義直から代々伝わる遺愛品、家族が使用していたものなどさまざまな大名道具を見ることができます。収蔵数はなんと1万件以上にのぼるのだとか。
また、世界的にも貴重な国宝「源氏物語絵巻」を筆頭に、徳川美術館でしか見ることのできない貴重な品が保存状態も良く残されています。きっと、歴史を肌で感じることができるでしょう。

徳川美術館・徳川園

スケールに圧巻!大名家のひな祭りをご覧あれ
徳川美術館では、尾張徳川家の姫君のためにあつらえられた雛人形や雛道具が今も伝えられており、毎年2月〜4月にかけて展示が行われます。一つ一つに家紋が入った雛道具は実際の婚礼調度を精緻にミニチュア化したもの。明治・大正・昭和と、高さ約2メートル・幅7メートルにも及ぶ圧巻のひな飾りをご覧ください。

木曽三川、伊勢湾、濃尾平野を凝縮した大名庭園・徳川園

尾張徳川家に伝わる文化遺産の一つで、もともとは徳川御三家、尾張藩二代藩主光友の隠居所として元禄8年(1695)に造営された大曽根御屋敷跡でした。総面積 4.5ヘクタールにも及ぶ池泉回遊式の日本庭園で、高低差のある地形に樹林を配しています。立体的に迫る大きな岩組みや配置された山、大曽根の瀧、渓流、龍仙湖、牡丹園、菖蒲田を木曽山脈、木曽三川、伊勢湾、濃尾平野に見立てたしつらいで、自然の風景、景観が凝縮された大名庭園です。
新緑や紅葉、牡丹や花菖蒲の花々、秋にはイロハモミジやヤマモミジなど。植物がおりなす荘厳さが、今に伝えられています。

新緑の徳川園

徳川美術館 展覧会情報

【特別展】源氏物語の世界―王朝の恋物語― 11月3日(土・祝)~12月16日(日)

平安時代後期に紫式部が執筆した源氏物語は、印刷技術のなかった当時、書写によって広められ、多くの人々に愛読されました。また源氏物語は成立後まもなく絵画化され、中近世を通じて様々な絵画作品が製作され続けました。国宝「源氏物語絵巻」は現存する最古のテキストであるとともに、現存最古の絵画作例であり、極めて重要な作品です。国宝「源氏物語絵巻」とともに、平安時代から江戸時代に到るまでの写本や注釈書、絵画作品などを一堂に展示し、源氏物語愛好の歴史を振り返ります。

期間中は、下記の日程で「国宝 源氏物語絵巻」を展示します。
●11/3(土・祝)~11/18(日) 関屋・絵合柏木(一)・橋姫
●11/20(火)~12/2(日) 竹河(二)・宿木(二)・宿木(三)
●12/4(火)~12/16(日) 蓬生・横笛・早蕨東屋(一)

 ※下線「_」は修理済みの作品です

【企画展】徳川慶勝の幕末維新 11月3日(土)~12月16日(日)

ポスター

尾張徳川家の分家・高須松平家に生まれた慶勝(1824~83)は、尾張徳川家14代当主となり、同家の事実上最後のお殿様として激動の幕末・維新を生き抜きました。尾張藩政の舵取りを担い日本を新たな時代へと導いた生涯を通じ、その知られざる決断と転換の時代を探ります。
 また慶勝は、書画・博物学・文芸にも造詣が深く、特に西洋から渡来したばかりの写真術に着目し、写真家大名とも呼ばれ、数多くの写真を遺しました。その内には名古屋城の貴重な内外の写真や尾張徳川家の家族の肖像写真も含まれています。本展では、名古屋城本丸御殿全体公開を記念し、名古屋城の写真を中心に徳川林政史研究所所蔵の慶勝の写真も併せて公開いたします。

スポットの概要outline

  • お土産・売店
  • 駐車場
  • 飲食店
所在地
〒461-0023
名古屋市東区徳川町1017
料金
徳川美術館:一般1,400円・高大生700円・小中生500円
※料金には、同時開催の「秋季特別展 尾張藩邸物語」の入館料も含みます。
※20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
※毎週土曜日は小・中・高生入館無料

徳川園管理事務所:一般・高校生・大学生300円。市内在住の65歳以上100円。中学生以下無料
※ 料金は変更になる可能性がございますので公式サイト等でご確認ください
営業日・時間
徳川美術館:10:00~17:00(入館は16:30まで)
徳川園管理事務所:9:30~17:30(入園は17:00まで)。
※催事などにより時間変更・開園される場合もあります。
駐車場
徳川美術館:徳川美術館専用駐車場 17台 9:45~17:30 無料
市営徳川園駐車場 乗用車/80台
(大型バス駐車可)9:15~18:00(バスは9:15~17:00)
乗用車/30分毎に120円 バス/60分以内500円 以降30分毎に500円
徳川園管理事務所:徳川園駐車場(有料)乗用車 82台(30分120円)
大型車 8台(最初の1時間500円、以降30分500円)大型車(バス)
駐車場電話番号:052-936-3516
定休日
徳川美術館:月曜日(祝日・振替休日の場合は直後の平日。)
年末年始(2018年12月17日~2019年1月3日)
電話番号
徳川美術館:052-935-6262
徳川園管理事務所:052-935-8988

アクセス方法access

  • 電車

    電車でのアクセス

    JR「名古屋」駅から、JR「大曽根」駅下車。南出口より徒歩10分
    地下鉄「名古屋」駅から、「栄」駅で名城線に乗り換え、
    地下鉄「大曽根」駅下車。徒歩20分

  • 車

    車でのアクセス

    名古屋第二環状自動車道「楠IC」より20分

スマートフォンで スポット情報を共有する

QRコード

アクセスマップaccess map

周辺情報
一緒に廻れるオススメスポット

  • 名古屋市蓬左文庫

    名古屋市

    名古屋市蓬左文庫

    蓬左とは、江戸時代に使用されていた名古屋の別称のこと。この名を冠した名古屋市蓬左文庫は尾張…

    多目的トイレ 駐車場
  • 建中寺

    名古屋市

    建中寺

    建中寺は、1650年に逝去した徳川家康公の9番目の息子である尾張藩主義直公の菩提を弔うための御…

  • 三菱UFJ銀行貨幣資料館

    名古屋市

    三菱UFJ銀行貨幣資料館

    三菱UFJ銀行が運営している貨幣資料館は、日本と世界の貨幣についてのあれこれが学べる貴重な場…

  • ナゴヤドーム

    名古屋市

    ナゴヤドーム

    ナゴヤドームは愛知を本拠地とする中日ドラゴンズのホームグラウンド。地上6階建てのドーム型室…

    多目的トイレ お土産・売店 駐車場 飲食店 授乳コーナー

周辺の宿泊施設

  • ホテルセントメイン名古屋

    名古屋市

    ホテルセントメイン名古屋

  • 名鉄イン名古屋錦

    名古屋市

    名鉄イン名古屋錦

  • アイリス愛知

    名古屋市

    アイリス愛知

  • 西鉄イン名古屋錦

    名古屋市

    西鉄イン名古屋錦

  • ホテルナゴヤキャッスル

    名古屋市

    ホテルナゴヤキャッスル

  • NO IMAGE

    名古屋市

    ローズコートホテル

こんなスポットも
おすすめですrecommend

  • 見守り猫「とこにゃん」(常滑やきもの散歩道内)

    知多

    見守り猫「とこにゃん」(常滑やきもの散歩道内)

    招き猫生産日本一の常滑のシンボル(常滑市)

  • 観光農園花ひろば

    知多

    観光農園花ひろば

    広大なお花畑で花摘み、メロン・イチゴ狩りも楽しもう(南知多町)

  • 阿寺の七滝

    奥三河

    阿寺の七滝

    子宝を授かるといういわれもあるパワースポット(新城市)

  • やきもの散歩道

    知多

    常滑やきもの散歩道

    煙突、窯、工場など、フォトジェニックな街の風景(常滑市)

このスポットを含むモデルコース

  • 名古屋駅起点 半日コース

    名古屋
  • トヨタ自動車の創業地と名高いノリタケの陶器作りを巡る旅

    名古屋

    半日コース

  • 名古屋の王道大満喫ドライブ

    名古屋



観光・スポット・イベント検索