• Myルート作成
  • フォトギャラリー
  • ガイドブック
  • 交通アクセス
  • 観光案内所
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • 文字サイズ
Language

MENU

半田市

ごんの秋まつり(ごんのあきまつり)

開催日 : 2017年09月16日 ~ 2017年10月04日


  • ごんの秋まつり_矢勝川(彼岸花)
  • ごんの秋まつり_矢勝川(彼岸花)
  • ごんの秋まつり_矢勝川(彼岸花)
  • ごんの秋まつり_矢勝川(彼岸花)
  • ごんの秋まつり_矢勝川(彼岸花)
  • ごんの秋まつり_矢勝川(彼岸花)
  • ごんの秋まつり_矢勝川(彼岸花)
  • ごんの秋まつり_矢勝川(彼岸花)
  • ごんの秋まつり_矢勝川(彼岸花)
  • ごんの秋まつり_矢勝川(彼岸花)

毎年恒例!ごんの秋まつりが始まります。半田市は日本を代表する童話作家・新美南吉の生地。南吉の作品には生まれ育った半田の風景がよく登場しますが、矢勝川堤の彼岸花もそのひとつ。有志によって300万本の彼岸花が植えられ、毎年この時期になると一面を真っ赤に染めるんです。花嫁行列では物語の世界のような美しく趣のある景色が見られます。

矢勝川堤の彼岸花

矢勝川堤の彼岸花

「ごんぎつね」「手ぶくろを買いに」「おぢいさんのランプ」などの心温まる作品で知られる童話作家・新美南吉。その生家近くを流れているのが、矢勝川です。1990年、南吉がよく散歩した矢勝川の堤をキャンバスに彼岸花で真っ赤な風景を描こう、と地元の有志が思いつき、この壮大な計画がスタート!秋には東西2kmに300万本の彼岸花が堤を真紅に染め、目にも鮮やかな風景が現れます。今や、日本でも最大規模の彼岸花の群生地になったのだとか。不思議にも南吉やごんがいるような気がする、美しく懐かしい場所です♪

○ 2017年「ごんの秋まつり」開催スケジュール ○

■300万本の彼岸花
【開催期間】9月16日(土)~10月4日(水)
・矢勝川堤東西2kmにわたり300万本の彼岸花が咲き誇ります。


■彼岸花の結婚式と花嫁行列
【開催日時】9月23日(土・祝) 14:30~
【場所】岩滑八幡社、矢勝川堤
・神社で神前式の挙式を行い、そのあと矢勝川で花嫁行列が行われます。


■朗読と音楽の会
【開催日時】9月30日(土) 13:30~15:30
【場所】新美南吉記念館 図書室
・鈴木靖将さん他による絵本朗読やホルン・ファゴットなどの演奏会を開催します。
※終了後、鈴木靖将さんが似顔絵を描いてくれます。
 ご希望の方は抽選を行いますので12:30までにお越しください。
 (限定15名、色紙代100円)


■南吉童話 街頭紙芝居屋さん
【開催日時】期間中の土・日・祝、10:30~、13:30~
【場所】新美南吉記念館、矢勝川堤周辺
・自転車に乗せた昔ながらの街頭紙芝居で南吉童話を読み聞かせます。

 ○午前の部
  10:30 新美南吉記念館芝生広場
  11:00 お休み処
  11:30 矢勝川沿い観音様前

 ○午後の部
  13:30 新美南吉記念館芝生広場
  14:00 お休み処
  14:30 矢勝川沿い観音様前

○ その他同シーズン開催イベント ○

■鈴木靖将絵本原画展 ~命と愛、そして祈り~
【開催期間】9月16日(土)・24(日)・10月4日(水)・8日(日)
【場所】新美南吉記念館 特別展会場

■はんだ醸すごはん~秋編~はんだ食べ歩きスイーツ
【開催期間】9月16日(土)~11月30日(木) 

■半田赤レンガ 秋のドイツ祭り
【開催期間】9月16日(土)~9月18日(月)
【場所】半田赤レンガ建物

■全国の赤煉瓦建物ぶらり旅
【開催期間】9月25日(月)~10月8日(日)
【場所】半田赤レンガ建物

■MIZKAN MUSEUM自由見学
【開催日時】9月23日(土)・24日(日) 
【場所】MIZKAN MUSEUM

<半田観光周遊バス・定額タクシーのお知らせ>

■彼岸花イベント期間の土・日・祝は、新美南吉記念館の駐車場は障がい者及びバス専用の駐車場となります。一般の方は、アイプラザ半田からの無料周遊バスをご利用ください。新美南吉記念館周辺には民間有料駐車場もあります(平日は利用可能)。

■無料の「半田観光周遊バス(アイプラザ半田発)」やお得な定額タクシーなどをご利用ください。


【半田観光周遊バス(無料)<<土・日・祝のみ運行>>】
アイプラザ半田(臨時駐車場)を起点に、半田運河・蔵のまちバス停(株式会社ミツカングループ本社前)を経由して、新美南吉記念館(彼岸花の近く)と半田赤レンガ建物を結ぶ巡回バスを運行します。

□利用期間 9月16日(土)~10月1日(日)の土・日・祝のみ
□乗車料金 無料
□利用時間 アイプラザ半田 始発 9:00~終発16:00
      新美南吉記念館 始発10:26~終発17:06

※20分ごとに運行予定
※開花の状況により運行スケジュールが変更される場合があります。

【定額タクシー】
名鉄知多半田駅ロータリーと新美南吉記念館の区間を、定額料金で利用できます。

□利用期間 9月16日(土)~10月4日(水)
□乗車料金 片道1,000円(定額)
□利用方法 駅前ロータリー又は新美南吉記念館のタクシーのりばより名鉄知多タクシー、
      安全タクシー、サンレータクシーにご乗車ください。

イベントの概要outline

  • 駐車場
開催日
2017年9月16日(土)~10月4日(日)
開催場所
新美南吉記念館及び周辺
所在地
〒475-0966
半田市岩滑西町1-10-1(新美南吉記念館)
料金
無料
※ 新美南吉記念館の入館料は、210円(中学生以下無料)
※ 料金は変更になる可能性がございますので公式サイト等でご確認ください
駐車場
<臨時駐車場>
●アイプラザ半田(蔵のまち東駐車場):230台(無料)
※ 矢勝川堤までの無料シャトルバスが運行しています。
●マリモファーム(矢勝川堤前):130台(有料1台500円 / 8:00~17:00)
●新美南吉記念館(平日のみ利用可能。)
電話番号
0569-32-3264(半田市観光協会)

アクセス方法access

  • 電車

    電車でのアクセス

    名鉄「名古屋」駅から、名鉄河和線「半田口」駅下車。
    「新美南吉記念館」までは、駅から西へ徒歩約20分。

  • 車

    車でのアクセス

    知多半島道路「半田中央IC」から約5分。

スマートフォンで スポット情報を共有する

QRコード

アクセスマップを開く

Googlemapでここへ行く

アクセスマップaccess map

一緒に回れるスポットを検索

表示スポット一覧

周辺情報
一緒に廻れるオススメスポット

  • 新美南吉記念館

    半田市

    新美南吉記念館

    「ごんぎつね」「手袋を買いに」「おぢいさんのランプ」など、数々の名作の作者として知られる、…

  • 矢勝川(彼岸花)

    半田市

    矢勝川(彼岸花)

    教科書にも採用される有名な童話「ごんぎつね」の作者・新美南吉生誕の地としても知られる半田市…

    駐車場
  • ごんぎつねの湯

    半田市

    ごんぎつねの湯

    半田市出身の童話作家・新美南吉の代表作「ごんぎつね」の名前にちなんだ日帰り入浴施設です。 …

  • 新美南吉の生家

    半田市

    新美南吉の生家

    「東の宮沢賢治」に並ぶ「西の新美南吉」とまで称される童話作家・新美南吉は、大正2年(1913年…

周辺の宿泊施設

  • 名鉄イン知多半田駅前

    半田市

    名鉄イン知多半田駅前

  • ホテル・メッツォイン 半田

    半田市

    ホテル・メッツォイン 半田

  • NO IMAGE

    常滑市

    ブランシェ

  • NO IMAGE

    常滑市

    東横イン 中部国際空港本…

  • コンフォートホテル中部国際空港

    常滑市

    コンフォートホテル中部国…

  • あいち健康の森プラザホテル

    東浦町

    あいち健康プラザ 健康宿…

こんなスポットも
おすすめですrecommend

  • 観光農園花ひろば

    知多

    観光農園花ひろば

    広大なお花畑で花摘み、メロン・イチゴ狩りも楽しもう(南知多町)

  • 阿寺の七滝

    奥三河

    阿寺の七滝

    子宝を授かるといういわれもあるパワースポット(新城市)

  • 白鳥庭園

    名古屋

    白鳥庭園

    絶景がここに。中部地上をモチーフとした池泉回遊式庭園(名古屋市)

  • 四谷の千枚田

    奥三河

    四谷の千枚田

    人と自然が共生する、おとぎ話のような日本の原風景(新城市)




観光・スポット・イベント検索