古川美術館(分館 爲三郎記念館)|観光,美術館,カフェ | 【公式】愛知・名古屋の公式観光ガイド AICHI NOW~旬のイベント・観光情報~
名古屋市

古川美術館(分館 爲三郎記念館)(ふるかわびじゅつかん・ぶんかんためさぶろうきねんかん)

  • 古川美術館(分館 爲三郎記念館)
  • 古川美術館(分館 爲三郎記念館)
  • 古川美術館(分館 爲三郎記念館)
  • 古川美術館(分館 爲三郎記念館)
  • 古川美術館(分館 爲三郎記念館)

古川美術館は、初代館長故古川爲三郎が長年にわたって収集し大切にしてきた美術品を、「私蔵することなく広く皆様に楽しんでいただきたい」という想いからその寄付を受け、平成3年11月に開館しています。そして爲三郎の没後は、彼の私邸を「みなさんの憩いの場として使っていただきたい」という遺志を受けて、古川美術館の分館「爲三郎記念館」として開館し、庭園と数寄屋造りの「爲春亭」、茶室「知足庵」等を公開しています。邸内の数奇屋カフェでは、爲三郎103歳の長寿の秘訣であるお抹茶の他、コーヒーと季節の和菓子などを、床の間に設えられた遺愛の品や、四季折々の美しさを見せる日本庭園を眺めながら楽しむことができます(呈茶の利用は別途有料500円)。※お茶、お菓子のメニューは季節により異なります。

-展示会情報-

【古川美術館】企画展「Color ~色彩からのメッセージ~」

私たちの身の回りには、Color=色があふれています。色は大前提として現実を再現する役目を持っていますが、美術作品における色は、主題や構図とともにとても重要な要素を占めています。そして色の機能や意味は多種多様であり、私たちは色を通して作品の主題、心理的状況など、作者からの様々なメッセージを受け取ります。メッセージの受け取り方は、観る者の文化的背景や、それまでの人生経験に左右されるため、すべて同じ内容にはなりません。しかし、色には古今東西、万国共通のイメージというものがあることもまた、忘れてはいけません。
本展ではそんな様々な機能や意味を持つ美術作品の“色”に着目し、美術作品を通して、色がもたらすイメージやメッセージだけでなく、主題の意味合いをより強く印象付ける色、作家の思いや思考を表す色など、色がもたらす様々な視覚的、心理的効果を読み解きます。

【会 期】2019年5月18日(土)~6月30日(日)
【観覧料】一般:1,000円/高大生:500円/中学生以下:無料
     美術館のみ:800円/記念館のみ700円(呈茶券つき)

【爲三郎記念館】特別展 高北幸矢インスタレーション「落花 未終景」

“老いることは美しい”と飾ることはできない。“老いることは醜い”と悲しむこともできない。“老いることは、人生を豊かにする”と容易には言えない。しかし老いの先にある終わりを認識したからこそみえる未来を見てみたい。“美しく老い、豊かに終えてゆく”最後の美しさを実現するために。作家の言葉より都市におけるサイン計画などの社会的価値の高いデザインを創出してきた高北幸矢は、2012年よりアーティストとしてインスタレーションを展開してきた。
高北がインスタレーションを展開するきっかけとなったのは、15年程前に見た落花の椿の夢である。一面を覆い尽くす真っ赤な椿は地面におちてもなお、その命を輝かせていた。高北が椿を見ているのか、それとも椿に見られているのか。それはむせ返るような匂いさえも感じる夢であったという。その死してもなお咲き続ける椿に自らを重ね、≪生きる力と美≫を見出したのである。
本展では、丹念に彫り続けられた椿で高北の胸中にある二面性を表現する。光と影、陰と陽、美と醜、生と死。それらは互いに照らし合い、補いながら終焉の美しさへと昇華していく。最後の美しさを求めて進化する高北幸矢の椿が爲三郎記念館で開花する。

落花、未終景展示風景_キャプション付用

【会 期】2019年5月18日(土)~7月15日(月・祝)
【入館料】一般:1,000円/高大生:500円
     記念館のみ:700円(呈茶券つき)

スポットの概要outline

  • お土産・売店
  • 駐車場
所在地
〒464-0066
名古屋市千種区池下町2-50
料金
■古川美術館、分館爲三郎記念館2館入館券
 一般 1,000円/高大生 500円/
 中学生以下 無料
■古川美術館のみ入館券(一般のみ有効です)
 一般 800円
■爲三郎記念館のみ入館券(呈茶付)
 全て 700円

※ 割引の併用はできません。
※ 料金は変更になる可能性がございますので公式サイト等でご確認ください
営業日・時間
10:00~17:00(最終入館16:30)
※ 古川美術館、分館 爲三郎記念館ともに同じ営業日にて開館
駐車場
24台
※【美術館 第2駐車場】と【美術館 第3駐車場】の2つの駐車場は、当館特約のコインパーキングです。ご来館の方、2時間までは無料となります。
※ 2時間以上の場合は、20分につき100円をお支払いただきます。
※ 大型バス対応できる駐車場はございませんので予めご了承ください。
トイレ
定休日
月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、展示替期間、年末年始
電話番号
052-763-1991

見どころ・旬のオススメ情報

分館 爲三郎記念館のカフェ

「数奇屋カフェ」は、古川美術館から徒歩3分弱の場所にある昭和9年創建の日本の伝統的な数奇屋建築・分館爲三郎記念館内で営業している呈茶席です。市松の無双窓が開放され、大桐の間より眺める庭園は大変美しい景観です。
メニューは、当館縁の作家の抹茶茶碗と和菓子が楽しめる抹茶セット、珈琲などをご用意しております。四季折々の美しさをみせる日本庭園を眺めながら、数寄屋空間でゆったりとしたひとときをお過ごしいただけます。

アクセス方法access

  • 電車

    電車でのアクセス

    ・地下鉄「名古屋」駅から、地下鉄東山線「池下」駅下車。1番出口より東へ徒歩3分
    ・地下鉄「名古屋」駅から、地下鉄東山線「覚王山」駅下車。1番出口より西へ徒歩5分

  • 車

    車でのアクセス

    名古屋高速「春岡」ICより北へ約8分

スマートフォンで スポット情報を共有する

QRコード

アクセスマップaccess map

周辺情報
一緒に廻れるオススメスポット

  • 日泰寺(覚王山)

    名古屋市

    日泰寺(覚王山)

    駐車場
  • 文化のみち揚輝荘

    名古屋市

    文化のみち揚輝荘

    名古屋で創業したデパート、松坂屋。大正から昭和にかけて、その初代社長15代伊藤次郎左衛門祐民…

  • 名古屋大仏 / 桃巌寺(とうがんじ)

    名古屋市

    名古屋大仏 / 桃巌寺

    名古屋市にある曹洞宗の寺院・桃厳寺。開基は天文年間で、末森城主であった織田信行が父・信秀の…

  • ナゴヤドーム

    名古屋市

    ナゴヤドーム

    ナゴヤドームは愛知を本拠地とする中日ドラゴンズのホームグラウンド。地上6階建てのドーム型室…

    多目的トイレ お土産・売店 駐車場 飲食店 授乳コーナー

周辺の宿泊施設

  • ホテルセントメイン名古屋

    名古屋市

    ホテルセントメイン名古屋

  • 八事サーウィンストンホテル

    名古屋市

    八事サーウィンストンホテル

  • 旅館名龍

    名古屋市

    名龍

  • NO IMAGE

    名古屋市

    ローズコートホテル

  • 西鉄ホテルクルーム名古屋

    名古屋市

    西鉄ホテルクルーム名古屋

  • 名鉄イン名古屋錦

    名古屋市

    名鉄イン名古屋錦

こんなスポットも
おすすめですrecommend

  • トヨタ博物館

    尾張北部

    トヨタ博物館

    自動車の誕生から発展の歴史を実車展示で紹介(長久手市)

  • 瀬戸蔵ミュージアム

    尾張北部

    瀬戸蔵ミュージアム

    人気の品から珍品まで瀬戸焼を数多く集めた施設(瀬戸市)

  • 徳川美術館・徳川園

    名古屋

    徳川美術館・徳川園

    尾張徳川家の歴史に触れる・徳川美術館(名古屋市)

  • リニア・鉄道館

    名古屋

    リニア・鉄道館

    世代を超えて楽しめる!蒸気機関車からリニアまで実物車両39両(名古屋市)




観光・スポット・イベント検索