豊橋市

豊橋総合動植物公園【のんほいパーク】(とよはしそうごうどうしょくぶつこうえん【のんほいぱーく】)

  • 豊橋総合動植物公園,のんほいパーク
  • 豊橋総合動植物公園,のんほいパーク
  • 豊橋総合動植物公園,のんほいパーク
  • 豊橋総合動植物公園,のんほいパーク
  • 豊橋総合動植物公園,のんほいパーク
  • 豊橋総合動植物公園,のんほいパーク
  • 豊橋総合動植物公園,のんほいパーク
  • 豊橋総合動植物公園,のんほいパーク
  • 豊橋総合動植物公園,のんほいパーク

カピバラの入浴が人気

豊橋総合動植物公園では、お湯をはった小型プールに入浴するカピバラたちの姿を見ることができる企画展示を行っています。野生のカピバラは南米の熱帯雨林に生息しており、もともとあたたかい場所が好きな動物なので、温浴してとっても気持ち良さそうです。



目の前でホッキョクグマがダイブ! 一方では優雅に安らげる庭園も

豊橋市総合動植物公園【のんほいパーク】

約40ヘクタールの広大な敷地に動物園、植物園、自然史博物館、遊園地が集まり、まる1日かけても遊びきれないほどのテーマパーク!草原を歩きまわるキリンや、目の前でダイブするホッキョクグマの様子など、動物たちの自然な生態を尊重したつくりになっているので、約130種900頭羽の動物たちのイキイキノビノビとした姿を身近に見ることができます。ウサギやモルモットに触れる「ふれあい広場」やヤギ・ヒツジやミニブタ・カピバラなどに有料でエサやり体験ができる「もぐもぐひろば」は子どもたちに大人気!植物園は、四季を通じてさまざまな植物を楽しめる安らぎの空間。約3万株の花でいっぱいの大花壇をはじめ、バラ園、日本の庭、ふるさとの雑木林のほかにも、いつ行っても夏!な広々とした温室は、珍しい熱帯植物のパラダイス。また、“睡蓮”の絵で有名な印象派の画家クロード・モネのアトリエだったフランスのモネガーデンより譲り受けたスイレン、シダレヤナギ、フジなどを展示する「モネコーナー」も雰囲気満点。

セグウェイガイドツアーのご案内

豊橋総合動植物公園【のんほいパーク】

未来型電動二輪車セグウェイに乗って新しいのんほいパークの魅力を発見してみませんか!?
インストラクターが乗車講習から園内散策までご案内しますので初心者でも安心して参加いただけます!
火・水・土・日・祝で行われている60分のビギナーツアー・スタンダードツアー(当園での経験の有無による)のほかに、平日(火・水)限定で約30分乗車・散策するショートツアーも開催しています。

※事前の申込みが必要になります。申込み方法や料金などの詳細はリンク先よりご確認ください。

大迫力の恐竜の化石に、リーズナブルに遊べる遊園地も!

豊橋総合動植物公園,自然史博物館

自然史博物館では、エドモントサウルスの実物1体を含む、ティラノサウルス、トリケラトプスなど12体の恐竜全身骨格の展示が迫力満点! 地球誕生から現在までの地球や生物の歴史が、最新のデータや豊富な標本、クイズやゲームで分かりやすく紹介されていて、ガイドツアーや解説会も開催されているので、自由研究にぴったりかも。
遊園地には、のんほいコースターやメリーゴーランドなど14種類の乗り物がそろい、どれも100円~300円、大人1日の乗り放題券でも1000円とリーズナブルに遊べる遊園地もうれしい。豊橋市内を一望できる大観覧車は、子ども連れのファミリーだけでなく、デートにもおすすめです。
赤ちゃんからご年配の方まで、ゆったりと過ごすことも、思い切り遊ぶことも、その日の気分と目的にあわせていろんな楽しみ方ができてしまう万能テーマパークです。

【豊橋市自然史博物館・企画展・イベント情報】

第33回特別企画展 体感!恐竜ワールド
7月13日(金)~9月2日(日)

 リアルに動く恐竜ロボット10体が豊橋に!
 長年収集した化石標本を基に、恐竜の進化やその多様性、当時の地球環境などを学びながら、恐竜が生きた世界が体感できます!

・休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌平日)
    ※8月13日は開館

・観覧料 大人 800円(640円) 小・中学生 400円(300円)
 ※( )内は30名以上の団体料金
 ※この他に、総合動植物公園入園料が必要です
 ※未就学児は入園・観覧ともに無料です
 ※「ほの国こどもパスポート」をお持ちの方、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添いの方は入園・観覧無料です

スポットの概要outline

  • 多目的トイレ
  • お土産・売店
  • 駐車場
  • 飲食店
  • 授乳コーナー
所在地
〒441-3147
豊橋市大岩町字大穴1-238
料金
大人600円
小・中学生100円
保育・幼稚園児および乳幼児は無料
※ 料金は変更になる可能性がございますので公式サイト等でご確認ください
営業日・時間
9:00~16:30
駐車場
有(1,650台)
※普通車200円、中・大型車400円
トイレ
定休日
月曜(月曜日が祝日または振替休日の場合は翌平日)
12月29日~1月1日
電話番号
0532-41-2185(のんほいパーク)
0532-41-4747(豊橋市自然史博物館)

見どころ・旬のオススメ情報

開館30周年記念年間優待券を発売します

今年5月、開館30周年を迎える自然史博物館。日本有数の充実した常設展示エリアを有し、開館以来1,400万人以上の方々にご来館いただいています。開館30周年を記念し、初めての試みとして、自然史博物館の有料コンテンツである大型映像と特別企画展を何度でも楽しんでいただけるとてもお得な年間優待券を2,000枚限定で発売します。
・5月2日(水)(開館30周年記念式典終了後より)~9月2日(日)
・アンケートに答えると自然史博物館インフォメーションでご購入できます。
詳しくはリンク先を参照ください。

アクセス方法access

  • 電車

    電車でのアクセス

    JR「名古屋」駅から、「豊橋」駅でJR東海道本線に乗換え、JR「二川」駅下車。徒歩約6分

  • 車

    車でのアクセス

    ・東名高速道路「音羽蒲郡IC」より国道1号線を静岡方面へ約50分、動植物園入口の信号を右折。
    ・東名高速道路「豊川IC」より国道151号線を小坂井方面へ約10分、宮下の信号を左折後、国道1号線を静岡方面へ約30分、動植物園入口の信号を右折。

スマートフォンで スポット情報を共有する

QRコード

アクセスマップを開く

Googlemapでここへ行く

アクセスマップaccess map

一緒に回れるスポットを検索

表示スポット一覧

周辺情報
一緒に廻れるオススメスポット

  • 豊橋市二川宿と本陣資料館・周辺

    豊橋市

    二川宿【本陣資料館・旅籠屋(清明屋)・商家(駒屋)】

    東海道二川宿は、江戸日本橋から33番目の宿場。現在でも江戸時代の町割りがほぼそのままの状態で…

    多目的トイレ 駐車場 授乳コーナー
  • 豊橋市

    葦毛湿原

    葦毛湿原は、「東海のミニ尾瀬」 と呼ばれ、弓張山地に三方を囲まれた標高70m前後の緩やかな傾…

    駐車場
  • 豊橋市美術博物館

    豊橋市

    豊橋市美術博物館

    豊橋公園(吉田城址)の一角にある豊橋市美術博物館では、郷土にゆかりのある歴史・考古・民俗資料…

    多目的トイレ お土産・売店 駐車場 飲食店
  • 路面電車

    豊橋市

    路面電車

周辺の宿泊施設

  • 豊鉄ターミナルホテル

    豊橋市

    豊鉄ターミナルホテル

  • シーパレスリゾート

    豊橋市

    シーパレスリゾート

  • 変なホテル ラグーナテンボス

    蒲郡市

    変なホテル ラグーナテン…

  • 蒲郡オレンジペンション

    蒲郡市

    蒲郡オレンジペンション

  • 平野屋

    蒲郡市

    平野屋

  • ひがきホテル

    蒲郡市

    三谷温泉ひがきホテル

こんなスポットも
おすすめですrecommend

  • 観光農園花ひろば

    知多

    観光農園花ひろば

    広大なお花畑で花摘み、メロン・イチゴ狩りも楽しもう(南知多町)

  • 阿寺の七滝

    奥三河

    阿寺の七滝

    子宝を授かるといういわれもあるパワースポット(新城市)

  • 白鳥庭園

    名古屋

    白鳥庭園

    絶景がここに。中部地上をモチーフとした池泉回遊式庭園(名古屋市)

  • 四谷の千枚田

    奥三河

    四谷の千枚田

    人と自然が共生する、おとぎ話のような日本の原風景(新城市)




観光・スポット・イベント検索