名古屋市

名古屋市美術館(なごやしびじゅつかん)

  • 名古屋市美術館
  • 名古屋市美術館
  • 名古屋市美術館
  • 名古屋市美術館

名古屋のスピリットが溶け込んだ建築

静かで広々とした白川公園の中、昭和63年(1988)に開館したのが名古屋市美術館。愛知県出身の建築家・黒川紀章氏による設計で、1層を地下に埋め込んで高さを抑え、敷地形状に合わせた構成がなされています。名古屋といえば多くの人がまず思い浮かべる名古屋城や大須観音、熱田神宮などの伝統的な建築物に着想を得た意匠が随所に取り入れられています。

見るものすべてに潜むストーリー

この建築の主要テーマは、西欧と日本の文化、また歴史と未来の共生です。そこかしこに日本の伝統的手法と色彩が盛り込まれており、建物自体がアート作品と言っても過言ではないでしょう。
ドア枠や窓には西欧の建築様式や江戸の天文図等を用い、屋外には木曽川の風景や名古屋城の石垣といった記号が風景にストーリーを創り出しています。訪れるたびに新しい発見があるかもしれません。

郷土の作家から現代美術まで幅広く収蔵

洋画家の三岸節子や日本画家の前田青邨、川合玉堂、「画壇の仙人」と呼ばれた熊谷守一、写真家であり詩人でもあった山本悍右など郷土を代表する作家の作品を幅広く収蔵。ほかエコール・ド・パリ、メキシコ・ルネサンス、現代美術も豊富で、さまざまな企画展を積極的に開催しています。

展覧会情報

名古屋市美術館開館30周年記念 モネ それからの100年
4月25日(水)~7月1日(日)

 この展覧会では、印象派を超えて現在にまでつながるモネ芸術の深みと広がりを、彼の精神を受け継ぐ現代美術の作家たちと比較検討することにより明らかにしていきます。
 またモネから現代へと向かう流れだけでなく、現代の視点からモネを見直すことにより、その新たな価値の発見を目指します。
 時代を超え、あらゆる人々を魅了し、刺激し続けるモネの絵画。
 現代美術との出会いによって再び覚醒する、この巨匠の永遠の魅力をお楽しみください。

関連イベント

閉館後の展示室内での特別鑑賞会
名画の夕べ(学芸員による解説)
日 時:平成30年5月12日(土)17:00~19:00
内 容:講堂にて展覧会の概要説明の後、展示室で学芸員が作品解説を行います。名画鑑賞を心ゆくまでお楽しみください。
参加料:3,000円(観覧料込・当日現金払)ただし、未使用の「モネそれからの100年展」
観覧券をお持ちの方は2,000円
定 員:50名

クラシックの夕べ(学芸員による解説+コンサート)
日 時:平成30年5月26日(土)17:00~19:30
内 容:講堂にて展覧会の概要説明の後、展示室で弦楽四重奏の美しい演奏を聴きながらの名画鑑賞。ゆっくり、ぜいたくな時間をお過ごしください。
参加料:4,000円(観覧料込・当日現金払)ただし、未使用の「モネそれからの100年展」観覧券をお持ちの方は3,000円
定 員:50名
曲 目:ドビュッシー「月の光」、「アラベスク」、「ゴリウォーグのケークウォーク」ほか、ムソルグスキー「展覧会の絵」から「プロムナード」ほか
演 奏:セントラル愛知交響楽団

申込方法
【1】平成30年4月5日(木)10:00から受け付けます。
 はがき、FAX又はEメールで、下記2の必要事項をご記入のうえ、3の申込先に、【4】の応募締切までにお申込ください。先着順(美術館に到着順)に受け付け、ご参加いただける方には参加証(はがき)を発送します。(名画の夕べについては4月20日以降、クラッシックの夕べについては5月4日以降、順次発送します。)定員に達し次第、締め切ります。なお、最少催行人数は各回15名とします。
【2】必要事項(共通)
〈1〉希望するイベント名 〈2〉開催日 〈3〉代表者の郵便番号 〈4〉代表者の住所〈5〉代表者のお名前〈6〉代表者を含めた参加人数(1回のお申込みで4名様までとさせていただきます)〈7〉電話番号
※収集した個人情報は、参加に関するご連絡にのみ使用します。関係法令に則り適切に管理するとともに、当該事業終了後は適切な方法で破棄します。
【3】申込先
〈1〉はがき:〒460-0008 名古屋市中区栄二丁目17番25号 名古屋市美術館 モネそれからの100年展イベント係
〈2〉FAX:(052)212-0005 名古屋市美術館 モネそれからの100年展イベント係
〈3〉Eメール:a2120001@kyoiku.city.nagoya.lg.jp 件名欄に「モネそれからの100年展イベント申込み」とご記入ください。
【4】応募締切
名画の夕べ 5月 5日(土)締切(必着)
クラシックの夕べ 5月19日(土)締切(必着)
 ※それぞれの定員に達し次第、締め切ります。

スポットの概要outline

  • お土産・売店
  • 駐車場
  • 飲食店
所在地
〒460-0008
名古屋市中区栄2-17-25
料金
[常設展]一般300円、高校生・大学生200円、名古屋市内在住65歳以上100円。中学生以下無料。
※特別展はその都度別に定めます。
[モネ それからの100年]一般 1,400円(1,200円)、高大生 1,000円(800円)、中学生以下 無料
※ 料金は変更になる可能性がございますので公式サイト等でご確認ください
営業日・時間
9:30~17:00(祝日を除く金曜は~20:00。入館は閉館の30分前まで)
駐車場
なし。近隣の有料駐車場をご利用ください。
トイレ
有り
定休日
毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日休館)
4月30日、5月1日は開館
年末年始、臨時休館あり
電話番号
052-212-0001(名古屋市美術館)

アクセス方法access

  • 電車

    電車でのアクセス

    地下鉄「名古屋」駅から、地下鉄「伏見」駅下車。徒歩8分

  • 車

    車でのアクセス

    名古屋高速道路「白川出口」下車。5分

スマートフォンで スポット情報を共有する

QRコード

アクセスマップを開く

Googlemapでここへ行く

アクセスマップaccess map

一緒に回れるスポットを検索

表示スポット一覧

周辺情報
一緒に廻れるオススメスポット

  • 名古屋市科学館

    名古屋市

    名古屋市科学館

    名古屋市科学館は、名古屋市の中心部・白川公園内に位置する総合科学館。「みて、ふれて、たしか…

    多目的トイレ お土産・売店 駐車場 飲食店 授乳コーナー
  • 名古屋総鎮守 若宮八幡社

    名古屋市

    名古屋総鎮守 若宮八幡社

    文武天皇の御代に那古野庄今市場に創建されたと伝えられ、慶長15年(1610)徳川家康公が名古屋城…

    飲食店
  • でんきの科学館

    名古屋市

    でんきの科学館

    「でんきの科学館」は中部電力が運営する科学館。世の中にはスイッチひとつで動く電化製品がたく…

    多目的トイレ 駐車場 飲食店 授乳コーナー
  • 万松寺・大須観音(寶生院)・大須商店街

    名古屋市

    万松寺・大須観音(寶生院)・大須商店街

    創建は天文9年(1540)。織田信秀公により、織田家の菩提寺として建立されました。大須に移った…

    お土産・売店 駐車場 飲食店

周辺の宿泊施設

  • ヒルトン名古屋

    名古屋市

    ヒルトン名古屋

  • 名古屋クラウンホテル

    名古屋市

    名古屋クラウンホテル

  • 名古屋観光ホテル

    名古屋市

    名古屋観光ホテル

  • 西鉄イン名古屋錦

    名古屋市

    西鉄イン名古屋錦

  • NO IMAGE

    名古屋市

    ローズコートホテル

  • 名鉄イン名古屋錦

    名古屋市

    名鉄イン名古屋錦

こんなスポットも
おすすめですrecommend

  • トヨタ博物館

    尾張北部

    トヨタ博物館

    自動車の誕生から発展の歴史を実車展示で紹介(長久手市)

  • 瀬戸蔵・瀬戸蔵ミュージアム

    尾張北部

    瀬戸蔵・瀬戸蔵ミュージアム

    人気の品から珍品まで瀬戸焼を数多く集めた施設(瀬戸市)

  • 徳川美術館・徳川園

    名古屋

    徳川美術館・徳川園

    尾張徳川家の歴史に触れる・徳川美術館(名古屋市)

  • リニア・鉄道館

    名古屋

    リニア・鉄道館

    世代を超えて楽しめる!蒸気機関車からリニアまで実物車両39両(名古屋市)




観光・スポット・イベント検索