• Myルート作成
  • フォトギャラリー
  • ガイドブック
  • 交通アクセス
  • 観光案内所
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • 文字サイズ
Language

MENU

津島市

尾張津島天王祭(おわりつしまてんのうまつり)

開催日 : 2017年07月22日, 2017年07月23日


  • 尾張津島天王祭
  • 尾張津島天王祭
  • 尾張津島天王祭
  • 尾張津島天王祭
  • 尾張津島天王祭

ユネスコの無形文化遺産登録!車楽舟(だんじりぶね)行事

津島神社の祭礼として600年近くの歴史があり、日本三大川祭りのひとつとして、全国の数ある夏祭りの中でも最も華麗なものと言われています。尾張津島天王祭の車楽舟行事は昭和55年に国の無形民俗文化財に指定されており、ユネスコの無形文化遺産に登録されました。

尾張津島天王祭

宵祭の朝、午前10時に神輿が神社から天王川堤の御旅所に渡ります。これは、神様をお祭りの場所(天王川公園)に神輿でお移しする神事です。
その当時、疫病の流行は、牛頭天王が荒ぶるためと考えられていました。そのため、牛頭天王に華やかな祭礼を観てもらい、荒ぶる心を慰め、和やかな心になることを祈願したのです。

宵祭は前夜祭のような意味があり、提灯を明るくして神様を導くお祭りです。まっすぐ上に伸びる提灯は12個、1年が12か月にちなんでつけられています。また、その下におわんをふせたような半円球(通称:坊主)に提灯をつけていきますが、1年は365日の意味があるものの形がきれいにならないので実際は400~420個ほどつけられています。また、お稚児さんが座るあたりに赤い提灯がつきますが、これも1か月が30日ということにちなんで30個つくそうです。
提灯をつけていく様子は職人技でとても素晴らしいですが、その間にも水上花火や打上花火など様々なイベントが行われ、それも楽しみのひとつとなっています。

神様の化身であるお稚児さん(子ども)は、提灯がすべてついて、出発する間際でおります。乗っているのは刀をかけた車屋さんや乗り方衆やお囃子の面々。御旅所に神様がきて降りられるので、最後は船に乗っていた者たちが御旅所まで行き挨拶して宵祭りは終了です。
その後、22時ごろから翌日の朝祭りの準備をします。

尾張津島天王祭

朝祭には市江の車楽船(だんじりぶね)と津島の5艘の車楽船が出ます。市江車だけが唐破風の様式で、車楽船の二段屋台には置物(能人形)が飾られます。
前部には腰かけている車屋が刀を持っているのは、江戸期、車屋は祭期間中、苗字帯刀が許されていたことの名残です。
稚児、囃子方(締太鼓・笛・太鼓)、乗り方衆、祝司らが乗船し、天王川を奏楽しながら漕ぎ渡ります。
メインイベントを執り行う朝祭の主役といえば、ふんどし姿の鉾持ち衆。未婚の男性から選ばれた10名が、津島囃子の中で布鉾を肩に船から川へ次々と飛び込み、泳いで岸に向かいます。なぜ布鉾を持つのかというと、この鉾を使って神が悪霊、邪霊を退散させて災難(疫病・飢饉)を封じるという思想からだったそうです。
鉾持ち衆には、神輿還御の先払い、すなわち道を清めるという役割もありました。三番目に飛び込む三番鉾だけが結界を切ることができるとされ、楼門前の反り橋に張られた注連縄を切ります。

イベントの概要outline

  • お土産・売店
  • 駐車場
  • 飲食店
開催日
【宵祭】7月22日(土)
【朝祭】7月23日(日)
開催時間
【宵祭】18:00~
【朝祭】8:40~
開催場所
津島神社・天王川公園
所在地
〒496-0853
津島市宮川町1丁目(天王川公園)
〒496-0851
津島市神明町1(津島神社)
駐車場

※ 臨時無料駐車場
電話番号
0567-24-1111(津島市建設産業部産業振興課)
0567-28-8051(津島市観光協会)

アクセス方法access

  • 電車

    電車でのアクセス

    ・名鉄「津島」駅から徒歩20分

  • 車

    車でのアクセス

    ・東名阪自動車道「弥富IC」から国道155線で約15分
    ・東海北陸道「尾西IC」から国道155線で約35分

スマートフォンで スポット情報を共有する

QRコード

アクセスマップを開く

Googlemapでここへ行く

アクセスマップaccess map

一緒に回れるスポットを検索

表示スポット一覧

周辺情報
一緒に廻れるオススメスポット

  • 天王川公園(藤まつり)

    津島市

    天王川公園(藤まつり)

    駐車場 飲食店
  • 津島神社

    津島市

    津島神社

    「津島天王祭」でも親しまれる津島神社は、除疫、授福の神である牛頭天王信仰の中心社で、かつて…

    お土産・売店 駐車場 飲食店
  • 織田信長、生誕の地/幼少期の信長像/勝幡城址

    愛西市

    勝幡城址(織田信長、生誕の地)/ 幼少期の信長像

  • 木曽川観光船

    愛西市

    木曽川観光船

    観光船に乗って木曽川と長良川を巡ることができます。ボランティアガイドの説明付きなので、いろ…

周辺の宿泊施設

  • ダイワロイネットホテル名古屋新幹線口

    名古屋市

    ダイワロイネットホテル名…

  • ゲストハウス わさび名古屋駅前

    名古屋市

    ゲストハウス わさび名古…

  • ダイワロイネットホテル名古屋太閤通口

    名古屋市

    ダイワロイネットホテル名…

  • 名鉄イン名古屋駅前

    名古屋市

    名鉄イン名古屋駅前

  • 名古屋マリオットアソシアホテル

    名古屋市

    名古屋マリオットアソシア…

  • 名鉄グランドホテル

    名古屋市

    名鉄グランドホテル

こんなスポットも
おすすめですrecommend

  • 見守り猫「とこにゃん」(常滑やきもの散歩道内)

    知多

    見守り猫「とこにゃん」(常滑やきもの散歩道内)

    招き猫生産日本一の常滑のシンボル(常滑市)

  • やきもの散歩道

    知多

    やきもの散歩道

    煙突、窯、工場など、フォトジェニックな街の風景(常滑市)

  • 小牧城(小牧山城)

    尾張北部

    小牧城【小牧山城】

    春の小牧山はさくらまつりで大賑わい(小牧市)

  • 白鳥庭園

    名古屋

    白鳥庭園

    絶景がここに。中部地上をモチーフとした池泉回遊式庭園(名古屋市)




観光・スポット・イベント検索