EDUCATIONAL
TOURISM

教育旅行・体験学習

博物館明治村

  • 博物館明治村旧帝国ホテル玄関
  • 博物館 明治村
  • 博物館 明治村旧帝国ホテル玄関ライトアップ
  • 博物館 明治村
  • 博物館 明治村教会

明治時代へタイムトリップ

明治時代の建造物を移築、保存、展示する野外博物館。高度経済成長の影で消えゆく貴重な明治期の建造物を何とか保存したいと建築家・谷口吉郎氏と名古屋鉄道社長(当時)の土川元夫氏の同窓生の二人が力を合わせて昭和40年に開村、平成27年に50周年を迎えました。

博物館明治村人気No.1の建造物は「旧帝国ホテル中央玄関」

博物館 明治村

来場者に最も人気があるのは、大正12年竣工の「旧帝国ホテル中央玄関」です。設計はアメリカ人建築家、フランク・ロイド・ライト氏。独自の質感を持つ大谷石に幾何学的な彫刻を施す一方、透かしテラコッタも用いられた美しい建物です。ここで見られるのは、正面の中央玄関ロビー、ラウンジ、バルコニーなど。原型通りに再現するには約17年の歳月を要しました。

女学生になりきって朝ドラのロケ地めぐり

博物館 明治村

テレビや映画のロケ地としても有名な明治村。NHK朝の連続ドラマでは「花子とアン」「ごちそうさん」などに採用されています。当時の女学生の衣装のレンタルもしているので、花子やめ以子になりきって散策するのも楽しいですね。

「明治のグルメ」を食す

博物館 明治村

せっかく明治村に来たなら、ここでしか食べられない「明治のグルメ」をお試しあれ。日本初のカクテル「デンキブラン」や文明開化の象徴「牛鍋」、日本のグルメ小説の先駆け村井弦斎著「食道楽」に描かれたコロツケー(コロッケ)を再現・アレンジ。

むずかしくって大ヒット!「謎解きアトラクション」

博物館 明治村

さらに人気のイベントが広大な施設を利用した謎解きアトラクションです。参加キットを購入し、村のあちこちに隠された手がかりやヒントを集めて謎を解き明かします。 レベル別になっており、だんだん難しい謎解きに挑戦できるため、何度来ても飽きません。

とにかく広いので、見たいもの優先で!

博物館 明治村

博物館明治村は敷地がとても広く、1日では回りきれないため、最初に見たいものを決めて見学するのがベスト。目安として重要文化財を見るだけで3時間半、西洋建築中心に回って約3時間、夏目漱石ら明治の偉人ゆかりの建物コースで約2時間。ルートを考えながら上手に回ってください。

「見学・体験」のご案内

施設情報

0568-67-0314

所在地
犬山市内山1番地
交通
・名鉄「名古屋」駅から、名鉄「犬山」駅で岐阜バスに乗り換え、「明治村」バス停下車すぐ
・名古屋駅・名鉄バスセンターで乗車、高速バス「明治村」バス停下車すぐ
・中央自動車道、小牧東ICから3km
・国道41号上小口2丁目交差点から6km
・国道19号明知町北交差点(小牧東インター道路利用)から5km
営業時間
【4月~7月、9月、10月】9:30~17:00
【8月】10:00~17:00
【11月】9:30~16:00
【12月~2月】10:00~16:00
【3月】9:30~17:00
※ 入村は閉村時間の30分前までとなります。
※ 詳しくは公式サイトでご確認ください。
休日
夏季・冬季に不定休あり。
※ 詳しくは公式サイトでご確認ください。
料金
【入村料金】
◎大人:1,700円 
◎大学生・シニア(65歳以上):1,300円
◎高校生:1,000円
◎中学生・小学生:600円
◎幼児(未就学児)・明治生まれの方:無料
《村内全域において外国人のお客さま向けにWi-Fi無料》
駐車場
◎普通車(900台)
3月~11月:800円、12月~2月:500円
◎バス(100台)※マイクロを含む
3月~11月:1,500円、12月~2月:1,500円
◎自動二輪車(50台)※原付を含む
3月~11月:200円、12月~2月:200円
ホームページ
博物館明治村公式WEBサイト
開村時間・休村日・イベントカレンダー

この施設を含むモデルコース

モノづくり見学&体験コース

アクセスマップaccess map