香嵐渓もみじまつり | 【公式】愛知県の観光サイトAichi Now
豊田市

香嵐渓もみじまつり(こうらんけいもみじまつり)

【このイベントは終了しました。】

開催日 : 2021年11月01日 ~ 2021年11月30日


  • 香嵐渓もみじまつり
  • 香嵐渓もみじまつり
  • 香嵐渓もみじまつり
  • 香嵐渓もみじまつり
  • 香嵐渓もみじまつり
  • 香嵐渓もみじまつり

【2021年は広場での芸能イベントは中止となりました。】
※ 園内は常時開園しているので散策は可能です。

全国にその名を知られる紅葉の名所。約4,000本と言われるモミジの紅葉の一番の見ごろの時期となる11月には、毎年、もみじまつりが開催されます。
毎日、日没から21時までライトアップも行なわれ、息をのむほど美しく幻想的な光景が楽しめます。

イベント情報

香嵐渓もみじまつり

足助神社

■足助八幡宮・足助神社(B-4)
足助八幡宮は、足にご利益があるとされます。
昔、足助が交通の要所として人々の足を助けた地であったためです。
「足守り」やおみくじもあります。本殿は国の重要文化財に指定されています。足助神社は、弓の名手・足助次郎重範公を祀っています。重範公は元弘の変で後醍醐天皇を護衛し、3,000人の兵の総大将として活躍した武将です。

香嵐渓

■香嵐渓(Dー5)
香嵐渓は東海地方随一の紅葉の名所で、11月に約4,000本のもみじが一斉に紅葉し絶景を織り成します。5月の爽やかな新緑も見逃せません。
3月は薄紫色のカタクリの花が咲き、日本の四季折々の景色が楽しめます。

香積寺

■香積寺(Dー6)
香積寺は、1427年、飯盛山の城主・足助氏の居館跡に創建された曹洞宗の古刹です。
香嵐渓のもみじは、1634年、香積寺11世の三栄和尚が1本のカエデの木を植えたのがはじまりです。おみくじもあります。

三州足助屋敷

■三州足助屋敷(D-7)
昔の山の暮らしを今に伝える体験型施設です。
機織りや藍染めなどの手仕事が体験できます。
五平餅や鮎の塩焼きなど、山里の味を楽しむ食堂もあります。
香嵐渓より徒歩約10分。電話 0565-62-1188

足助の町並み

■足助の町並み(C-4~H-2)
足助の町並みは、尾張・三河と信州を結ぶ伊那街道(中馬街道)の重要な中継地で、
物資運搬の要所として栄えた商家町です。今も江戸時代後期(1776~1830年)に建築された家が多く残っています。
2011年に愛知県初の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

足助城

■足助城(I-4)
戦国時代に足助地方を領有していた鈴木氏が築城し、発掘調査に基づき復元した全国的に珍しい山城です。
標高301mの山頂にある本丸からは、足助の町並みがきれいに見えます。
香嵐渓より徒歩約40分。
電話0565-62-0770

■開幕式セレモニー <開催予定>
【日時】11月1日(月) 17:00~ 【場所】香嵐渓広場

■飯盛山ライトアップ <開催予定>
【日時】11月1日(月)~30日(火) 日没~21:00
※ コロナ宣言等に合わせ、時間の短縮を行う場合あり

■もみじまつり町並みパレード <開催予定>
【日時】11月7日(日) 13:00~14:00頃
【場所】町並みの足助交流館横、トレーニングセンター、JAあいちの鳥居までの間

■中京大学16代目晴地舞(はちまえ)による、よさこい演舞“香爛(こうらん)”
香嵐渓の春の新緑~秋の紅葉までを若者たちが全身全霊で踊ります。迫力の演舞をご覧ください。
【日時】10月31日(日)
13:00より 新町~本町 パレード 
13:30より 陣屋跡広場(足助の古い町並み) 演舞

■竹灯りの香積寺 <開催予定>
香積寺への参道を竹灯り約1,000基が灯します。
【日時】11月6日(土)~28日(日)の土日 18:00~20:45
※ 11月23日(火・祝)は開催されません。
【場所】香積寺山門内参道

■願掛けろうそく <開催予定>
ガラスに入った蝋燭を巴橋近くの河原に800個並べます。
500円でろうそくを購入し、河原に並べます。
【日時】11月13日(土)~28日(日)の土日 18:00~20:45
※ 11月23日(火・祝)は開催されません。
【場所】巴川右岸、西町第二駐車場下
(川原への入場制限を行う場合があります)

■足助重伝建選定10周年記念
『あつまれ じょうもんの土器』展
豊田市は、田中順三氏から寄贈を受けた東日本を代表する縄文時代の出土品を数多く所蔵。
今回は、その中から縄文時代の人々が作成した土偶を一堂に展示
【日時】10月23日(土)~12月8日(水) 9:00~17:00
【場所】足助中馬館(足助の重伝建の町並み)と西町~田町の店舗14店  
※ 11月以外の木曜日は休館、入場無料

イベントの概要outline

  • 駐車場
開催日
2021年11月1日(月)~30日(火)
開催時間
香嵐渓園内は常時開放
■飯盛山ライトアップ <開催予定>
【日時】11月1日(月)~30日(火) 日没~21:00
開催場所
足助・香嵐渓広場
所在地
〒444-2424
豊田市足助町飯盛(足助・香嵐渓広場)
電話番号
0565-62-1272(足助観光協会)
例年の見頃時期
11月中旬~11月下旬
料金
無料
※ 香嵐渓広場に隣接している、三州足助屋敷への入館は有料です
※ 料金は変更になる可能性がございますので公式サイト等でご確認ください

アクセス方法access

  • 電車

    電車でのアクセス

    ・名鉄豊田線「豊田市」駅から、名鉄バスに乗り換え「香嵐渓」下車
    ・名鉄名古屋本線「東岡崎」駅から、足助行きバスに乗り換え「香嵐渓」下車

  • 車

    車でのアクセス

    ・猿投グリーンロード「力石IC」より約15分
    ・東海環状自動車道「豊田勘八IC」より約20分

スマートフォンで スポット情報を共有する

QRコード

アクセスマップaccess map

周辺情報
一緒に廻れるオススメスポット

  • 足助の町並み(重伝建の町並み)

    豊田市

    足助の町並み(重伝建の町並み)

    そして、自然だけではない足助町の魅力は、宿場町として栄えた面影を今に残す古い家並み。“妻入…

    多目的トイレ お土産・売店 駐車場 飲食店 バスのりば Wi-Fi
  • 香嵐渓

    豊田市

    香嵐渓

    四季折々に彩られる香嵐渓。秋になると約4千本の木々が赤や黄色に染まり、巴川の川面を美しく彩…

    駐車場
  • 三州足助屋敷

    豊田市

    三州足助屋敷

    「生活に必要なものは自分で作る」というのが三州足助屋敷のポリシー。民具を実際に使いながら、…

    多目的トイレ お土産・売店 駐車場 飲食店 授乳コーナー Wi-Fi
  • 香積寺

    豊田市

    香積寺

     日本屈指の紅葉名所である香嵐渓の中心にある、曹洞宗の古刹。応永34年(1427)に、この地の領…

  • 豊田市

    足助八幡宮

     香嵐渓のすぐ近く、飯田街道沿いに鎮座するお宮で、創建は天武天皇白鳳二年(673)と伝えられ…

  • 足助城 香嵐渓

    豊田市

    足助城

    かつて足助城は、足助鈴木氏が在城し、周辺の名主土豪を支配下に収め、勢力を拡大していった。足…

    駐車場 Wi-Fi
  • 百年草

    豊田市

    百年草

    香嵐渓や足助の古い町並みから車で5分程走った所に、宿泊施設やフレンチレストラン、ハム工房、…

    多目的トイレ お土産・売店 駐車場 飲食店 バスのりば Wi-Fi
  • NO IMAGE

    豊田市

    こもでしの滝

    滝は高さ約8メートルほどで、心地よい滝音、気持ちいい水しぶきが楽しめる癒しのスポット。新緑…

周辺の宿泊施設

  • 三河高原キャンプ村

    豊田市

    三河高原キャンプ村

  • 旭高原元気村

    豊田市

    旭高原元気村(キャンプ場…

  • ホテル トヨタキャッスル

    豊田市

    ホテル トヨタキャッスル

  • 名鉄トヨタホテル

    豊田市

    名鉄トヨタホテル

  • ホテルフォレスタヒルズ

    豊田市

    ホテルフォレスタヒルズ

  • 猿投温泉 ホテル金泉閣

    豊田市

    猿投温泉 ホテル金泉閣

こんなスポットも
おすすめですrecommend

  • 観光農園花ひろば

    知多

    観光農園花ひろば

    広大なお花畑で花摘み、メロン・イチゴ狩りも楽しもう(南知多町)

  • 阿寺の七滝

    奥三河

    阿寺の七滝

    子宝を授かるといういわれもあるパワースポット(新城市)

  • 白鳥庭園

    名古屋

    白鳥庭園

    絶景がここに。中部地上をモチーフとした池泉回遊式庭園(名古屋市)

  • 四谷の千枚田

    奥三河

    四谷の千枚田

    人と自然が共生する、おとぎ話のような日本の原風景(新城市)




観光・スポット・イベント検索