名古屋コーチン

なごやめし界一のブランド食材
鍋や手羽先など食べ方は多彩

誕生は明治初期。旧尾張藩士の海部兄弟が尾張の地鶏と中国の九斤(バブコーチン)をかけ合わせて開発しました。茶色い羽色や肉の形が柏の葉に似ていることから“かしわ”と呼ばれ、鶏肉の代名詞に。戦後、外国産に押されて絶滅寸前に追いやられましたが、農業関係者らの努力によって昭和50年代以降奇跡的に復活を果たしました。弾力があってうまみが濃く、水炊きなどの鍋料理や手羽先唐揚げ、刺身など様々な調理法で味わえます。

食べる・買う検索

該当件数 -

エリアを選択する

エリアを選択する 一宮・尾張西部 名古屋 尾張北部 知多 西三河 東三河 奥三河

9件 1~9件目を表示中

  • List mode
  • Photo mode