多彩な体験コンテンツ!ファミリーで楽しむ知多半島

知多 2日

多彩な体験コンテンツ!ファミリーで楽しむ知多半島

中部国際セントレアでの「まるわかりツアー」やセグウェイ体験のほか、味覚狩りや常滑焼絵付け体験など、多彩な体験コンテンツが魅力のコース。児童文学者・新美南吉の記念館やおもちゃ王国など、小さな子どもも楽しめるスポットも。

  • 1日目
  • 2日目

名古屋駅

中部国際空港セントレア

新美南吉記念館

ジョイフルファーム鵜の池

河和港

日間賀島(泊)

日間賀島

河和港

南知多ビーチランド・南知多おもちゃ王国

常滑焼絵付け体験

名古屋駅

離島はルート表示されません

1日目

FIRST DAY

名古屋駅

バス

約60分

中部国際空港 セントレア(150分)

利用者の利便性を追求した、中部と世界を結ぶ国際空港
中部エリアの空の玄関口として、国際線・国内線の充実した航空ネットワークを誇る「中部国際空港(セントレア)」は、平成17(2005)年、愛知万博の開催にあわせ、常滑市沖の伊勢湾海上の人工島にある国際空港として開港しました。
国際線と国内線が同一ターミナルにあり、到着フロアの2階から出発フロアの3階に移動するだけで、国際線にも国内線にもスムーズに乗り継ぎができるため、利用者にとって大変利便性の高い空港になっています。

中部国際空港 セントレア

バス

約20分

新美南吉記念館(60分)

「ごんぎつね」作者の自筆原稿、日記、手紙のほか、童話の世界をジオラマを展示
「ごんぎつね」「手袋を買いに」「おぢいさんのランプ」など、数々の名作の作者として知られる、半田が生んだ童話作家・新美南吉の記念館。4歳で母を亡くした南吉は、大正10(1921)年、8歳で母方の祖母の養子となり二人で暮らしていた場所に建てられています。

新美南吉記念館

バス

約20分

ジョイフルファーム鵜の池(90分)

季節ごとの「味覚狩り」が楽しめる観光農園
知多半島の温暖な気候の中、地域で収穫された新鮮野菜、特産品、手づくりお惣菜をお値打ちに提供し、お客さんに喜んでもらおうと運営されているのが「ジョイフルファーム鵜の池」です。
「産地直売コーナー」での野菜、食品販売だけでなく、季節ごとの「味覚狩り」が楽しめる観光農園としても人気で、1月~5月は「いちご狩り」、8月は「ぶどう狩り」、9月中旬からは「さつまいも掘り」、10月中旬~11月末は「みかん狩り」が楽しめます。
田植え、稲刈り体験も人気のイベントで、1年を通して家族、仲間で1日楽しめる観光農園となっています。
「うのみレストラン」も併設しており、地元の食材を使ったメニューを提供しています。
また、地元の新鮮な食材を豪快に焼く炭焼きバーベキュー(要予約)も大人気で、味覚狩りとセットにするとお値打ちになる特典もあります。

ジョイフルファーム鵜の池 味覚狩り

バス

約10分

河和港

船

約20分

日間賀島(泊)

2日目

SECOND DAY

日間賀島

名古屋から一番近い島でタコ三昧はいかが
師崎港から10分ほど高速船に乗ったら着いてしまう「名古屋から一番近い島」として知られ、タコとトラフグの名産地として親しまれています。愛知県に3島ある有人島(佐久島、日間賀島、篠島)のうち年間に訪れる観光客が一番多いのがこの島です。

日間賀島

船

約20分

河和港

バス

約20分

南知多ビーチランド&南知多おもちゃ王国(180分)

海あり、緑あり、歴史あり。数々のレジャーや文化が楽しめる知多半島ですが特にはずしてはいけないのが1980年にオープンした南知多ビーチランド。
ここは体験型の水族館と評価されますが、水槽展示も質がよく。1000t の水量を誇る大水槽には、自然の海中が再現され、伊勢湾に生息する数多くの魚が生き生きと泳いでいます。その様子を見ているだけで時の経つのも忘れてしまいそうになります。
もちろん目玉となる触れ合い体験は見逃せません。アシカ・アザラシ・セイウチなどの海獣、イルカ、ペンギンが暮らし、アシカ・イルカショーだけでなく、餌やり、ふれあい体験等のイベントが盛りだくさんで、まさに「海洋生物とのふれあい日本一」の水族館です。
2006年にはプラレールやリカちゃんなど、約600種類のさまざまなおもちゃで遊ぶことができる「おもちゃ王国」も新設され(共通料金で楽しめます)、多くの子ども達の人気スポットとなっています。

南知多ビーチランド&南知多おもちゃ王国

バス

約30分

常滑焼絵付け体験(90分)

バス

約50分

名古屋駅