EDUCATIONAL
TOURISM

教育旅行・体験学習

名古屋市野鳥観察館

  • 名古屋市野鳥観察館
  • 名古屋市野鳥観察館

藤前干潟で野鳥観察

ところは伊勢湾最奥部。愛知県西部にある庄内川、新川、日光川と3つの河川が合流する河口部に位置するのが藤前干潟です。潮位が70cm以下になると東京ドーム50個分、238ヘクタールにもなる広大な干潟が広がります。水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約、ラムサール条約の湿地登録干潟としても知られています。
伊勢湾に面した藤前干潟は全国有数の渡り鳥飛来地。年間を通して約120種以上の野鳥が訪れ、この干潟を中継地に春はシベリアやアラスカへ、秋は東南アジアやオーストラリアへ飛び立ちます。都市圏における貴重な自然と野鳥の様子を館内の望遠鏡で観察できます。

「見学・体験」のご案内

受入対象
中学生向け 高校生向け
体験料金
無料
受入人数
1~40人
ここがスゴい
ラムサール条約で「国際的に重要な湿地」として登録

施設情報

TEL:052-381-0160

所在地
愛知県名古屋市港区野跡4-11-2稲永公園内
交通
あおなみ線「名古屋」駅から、あおなみ線「野跡」駅下車。徒歩約10分
営業時間
9:00~16:30
休日
月曜 (祝日振替休日の場合翌日)
第3水曜(祝日の場合第4水曜日)
年末年始(12月29日~1月3日)
料金
無料
駐車場
無料 有り